Kudan(4425)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の12月4日からスタートします。Kudanは、IT関連の小型なマザーズIPOなので、需給面で人気を集めると思います。

Kudanは、超話題のソフトバンクとの同時上場ですが、それでもかなり期待できそうなスペックのIPO銘柄ですね。

Kudan

Kudan(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Kudan
コード4425
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
いちよし証券
大和証券
マネックス証券
エース証券
岡三証券
丸三証券
上場日12月19日
仮条件決定日12月3日(3,260円~3,720円に決定)
ブックビルディング期間12月4日から12月10日まで
公開価格決定日12月11日(3,720円に決定)
申込期間12月12日から12月17日まで
公募123,000株
売出し47,900株
OA25,600株
吸収金額6.4億円
時価総額223.8億円
想定価格3,260円→公開価格:3,720円
初値価格初値決定後に追記

Kudan(4425)IPOの事業内容

Kudanは、AP(人工知覚)の基幹技術や関連アルゴリズムをハードウェアに組み込むための「KudanSLAM」としてソフトウェアライセンス化し、顧客に提供しています。

ちなみに、AP(人工知覚)はKudanが技術を提唱し、研究開発している技術で、周囲の状況を理解するための「眼」であり、機械が判断するための「脳」であるAI(人工知能)と同等に重要となる先端技術です。

KudanのAP(人工知覚)

AP(人工知覚)は、カメラが付くあらゆる機器にとって必要となる基礎技術であり、産業用ロボット、家庭用ロボット、次世代モビリティ(自動車など)、飛行機器(ドローンなど)の自動制御に必須の技術になっています。

また、KudanはAP(人工知覚)に加え、AI(人工知覚)やIoTとの技術統合に向けて、Machine Perception(機械知覚)やDeep Percetpion(深層知覚)及びNeural Percetpion Network(近くニューラルネットワーク)に関する研究開発も行っています。

Kudan(4425)IPOの業績

Kudanの業績

(※画像クリックで拡大)

Kudanの売上は急激に伸びており、利益も黒字転換してから好調に推移していて、今後も期待できそうですね。

KudanのIPO評価

Kudanは、超大型なソフトバンクとの同時上場ですが、吸収金額は想定価格ベースで6.4億円と小さいため、それでもかなりの人気を集めそうです。

また、KudanはAP(人工知覚)AI(人工知覚)IoTなどのテーマ性でも関心を集めると思います。

よって、KudanのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。Kudan(4425)IPOは、初日値付かずも想定される強い初値形成になると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Kudan(4425)IPOのその他情報はこちら

Kudan(4425)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

Kudan(4425)IPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。主幹事のSMBC日興証券は、これまでいくつものIPOに当選しているので期待しています。

また、マネックス証券は100%完全抽選で抽選配分数が多くなる傾向にあるため要チェックです。

Kudan(4425)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
大和証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
エース証券 口座なし
岡三証券 BB参加
丸三証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング