ランサーズ(4484)IPOの仮条件が発表されました。ランサーズIPOは、知名度の高いクラウドソーシングサービス「Lancers(ランサーズ)」を運営しているので、注目されている方も多いと思います。

ただ、ランサーズIPOはベースとJMDCとの3社同時上場なので、需給面に不安がありますね。

ランサーズ

ランサーズIPOの関連記事

ランサーズIPOのBBスタンスとIPO評価!クラウドソーシング関連IPO!

ランサーズIPOの新規上場を承認!大和証券が主幹事!

ランサーズIPOの仮条件

660円~730円

ランサーズIPOの仮条件は、想定価格の900円を大幅に下振れたレンジで設定されています。ランサーズIPOは需給面が不安視されていましたが、それにしてもここまで下振れるとは思いませんでした。

しかも、ランサーズIPOは仮条件の下振れに合わせて、公募株が2,270,000株から1,600,000株へ、売出株が5,067,400株から1,008,700株へ、OAによる売出株が1,100,000株から391,300株へと、それぞれ大幅に減少しています。

よって、ランサーズIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は75.9億円から21.9億円になるので、かなりのサイズダウンですね。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

ランサーズIPOの初値予想

700円 (想定価格比:-200円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:850円~1,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:650円~750円)

ランサーズIPOは、仮条件が大幅に下振れしただけでなく、公募株と売出株も大幅に減少しているので、規模(吸収金額21.9億円)もかなり小さくなっています。

ただ、ここまで条件が大幅に変更されると、やはり印象は悪くなりますね。規模が75.9億円から21.9億円にサイズダウンして、価格もさらに手頃になっているため、かなり買いやすくなった感じもしますが、それでも初値は公開価格を割れる可能性が高いと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ランサーズIPOのその他初値予想はこちら

ランサーズIPOの幹事団

ランサーズIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
SMBC日興証券
SBI証券
マネックス証券
松井証券
岩井コスモ証券
カブドットコム証券

ランサーズIPOは、当初よりもかなり規模(吸収金額21.9億円)が小さくなりましたが、それでも主幹事の大和証券なら、それなりに期待できそうです。

ただ、ランサーズIPOはリスクが高めの案件なので、参加するかどうかは慎重に判断した方が良いと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社