リーガル不動産(3497)IPOの抽選結果が発表されました。また、リーガル不動産IPOの公開価格は、仮条件(1,360円~1,380円)の上限に当たる1,380円で決定しています。

リーガル不動産IPOは、評価がそれほど高かったわけではありませんが、それでも多少の利益が得られそうだったので、ほぼ全力で申し込んでいました。そして、私のリーガル不動産IPOの抽選結果は以下の通りでした。

リーガル不動産IPOの抽選結果(SMBC日興証券

リーガル不動産(SMBC日興証券)

(※画像クリックで拡大)

主幹事のSMBC日興証券は、補欠=落選パターンからなかなか抜け出せません。SMBC日興証券は、ソフトバンクIPOでも主幹事を務める可能性が高そうなので、せめてそこでは当選したいものです。


SMBC日興証券のIPOルール


リーガル不動産IPOの抽選結果(SBI証券

リーガル不動産(SBI証券)

(※画像クリックで拡大)

SBI証券は、平幹事の中ではやや抽選配分数が多めでしたが、それでもかすりもしませんでした。IPOチャレンジポイントが貯まる一方ですが、話題にVALUENEX(4422)IPOでは使わない予定です。


SBI証券のIPOルール

リーガル不動産IPOは、岡三オンライン証券東海東京証券などにも申し込みましたが全滅でした。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

リーガル不動産IPOのその他抽選結果はこちら


12月には、超大型なソフトバンクIPOが新規上場すると報じられています。超大型なIPOでは、できるだけ多くの証券会社に申し込み、複数当選を狙うのがベストなので、今のうちにまだ持っていない証券口座を開設しておくことをオススメします。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング