リーガル不動産(3497)IPOが、明日(10月23日)東証マザーズ市場へ新規上場します。リーガル不動産IPOは、何かと不祥事続きの不動産セクターではありますが、今季予想PER5.8倍という割安感と業績の良さから関心を集めているようです。

このところ新規上場したIPOは概ね高い初値が付いているので、リーガル不動産IPOも意外と健闘するかもしれませんね。

リーガル不動産

リーガル不動産IPOの過去記事

リーガル不動産IPOの抽選結果!公開価格は1,380円!

リーガル不動産IPOのBBスタンスとIPO評価!不動産関連IPO!

リーガル不動産IPOの新規上場を承認!主幹事はSMBC日興証券!

リーガル不動産IPO上場直前の初値予想

2,000円 (公開価格比:+620円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,500円~1,700円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,600円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:1,800円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,269.60円

リーガル不動産IPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時にアップしていた2,000円で据え置きたいと思います。

リーガル不動産IPOは、規模(吸収金額16億円)が小さいわけではありませんが、マザーズ市場への単独上場なので、それでもそこそこの人気を集めると思います。

また、不動産事業は色々な不祥事があったこともあって,印象があまり良くありませんが、業績好調で法律に強いという側面もあるため、それなりの評価を得られそうです。

よって、リーガル不動産IPOは公開価格の1.5倍前後で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

リーガル不動産IPOのその他初値予想はこちら

リーガル不動産IPO初値決定前の気配運用

リーガル不動産IPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の3,175円で、更新値幅69円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の1,035円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、345円以上で5,520円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング