リンク(4428)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。リンクIPOは、小型、IT関連、マザーズと、初値高騰の条件が揃っているため、上場日が近づくにつれて期待度も増しているようです。

また、リンクIPOの主幹事はSBI証券なので、IPOチャレンジポイントのボーダーラインや当選配分数について、にほんブログ村などでも様々な予想がアップされています。

とにもかくにも、リンクIPOは今年最後のA級IPOなので、是非とも当選したいですね。

リンク

リンクIPOの関連記事

リンクIPOの初値予想!仮条件は超強気!

リンクIPOのBBスタンスとIPO評価!マザーズの小型IPO!

リンクIPOの新規上場を承認!主幹事はSBI証券!

リンクIPOの配分数(割当数)

リンクIPOの配分数(割当数)は、主幹事のSBI証券約85%を占めているので、やはりここで当選できるかがポイントですね。

リンクIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
SBI証券
(主幹事)
211,000株 85% 950枚 A
大和証券 14,900株 6% 22枚 B
みずほ証券 9,900株 4% 10枚 C
岩井コスモ証券 3,700株 1.5% 4枚
エース証券 2,500株 1% -枚
藍澤證券 1,200株 0.5% -枚
エイチ・エス証券 1,200株 0.5% 1枚
極東証券 1,200株 0.5% -枚
東洋証券 1,200株 0.5% 1枚
むさし証券 1,200株 0.5% 1枚
GMOクリック証券 ?株 ?% ?枚
合計 248,000株 100% 989枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。


SBI証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

リンクIPOのその他情報はこちら

リンクIPOのポイント当選ラインと当選配分数の予測

リンクIPOの抽選配分数は、あくまで個人的な予測ですが、950枚程度だと思います。9月に新規上場したマリオンIPOと同じくらいの配分数ですね。

よって、リンクIPOの当選配分数は、マリオンIPOと同様に100株が濃厚だと思います。また、リンクIPOのポイント当選ラインは、このところボーダーラインがインフレ化していることを考慮すると、400ポイント前後と予測しています。

ただ、100株配分で400ポイント以上となると、ポイントに見合う利益が得られるかは難しいところですね。

いずれにしても、IPOチャレンジポイントを使う場合は、自分の納得のいくポイント数で勝負するのがベストだと思うので、下記データを参考にしながら検討してみて下さい。

IPOチャレンジポイントの実績データ

IPOチャレンジポイントの実績データ

(※画像クリックで拡大)

※上記データは、独自で調べた予測値なので、あくまで参考程度にお考え下さい。

リンクIPOのBB(ブックビルディング)は12月12日で締め切られるので、まだ申し込まれていない方は、上記のデータなどを参考にしながら、忘れずにBB(ブックビルディング)してください。


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング