LITALICO(6187)IPOのBB(ブックビルディング)が来週の2月25日から(3月2日まで)スタートします。LITALICOは3月14日から怒涛のIPO5日間連続上場の先陣を切る形で東証マザーズ市場へ新規上場予定です。

LITALICOの後には、3月15日から3月18日までで11社ものIPO新規上場銘柄が控えるという超過密スケジュールになっています。ただ、LITALICOは幸いなことに単独上場となりますので、その影響は少ないと思います。

LITALICO

LITALICO(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名LITALICO
コード6187
主幹事証券野村証券
幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
SBI証券
むさし証券
マネックス証券
SMBCフレンド証券
カブドットコム証券
上場日3月14日
仮条件決定日2月23日(930円~1,000円に決定)
ブックビルディング期間2月25日から3月2日まで
公募価格決定日3月3日(1,000円に決定)
公募320,000株
売出し1,218,000株
OA230,700株
吸収金額16.5億円
想定価格930円

LITALICOの事業内容

LITALICOは「障害は人ではなく社会の側にある。社会にある障害をなくしていくことを通して、多様な人が幸せになれる「人」が中心の社会をつくる」というビジョンを掲げながら、就労支援事業、児童発達支援事業、学習教室及び幼児教室の運営等を手掛けている企業です。

WINGLE(働くことに障害のある方への就労支援サービス)、Leaf(お子さまの可能性を拡げる幼児教室・学習塾)、Qremo(ものづくりに特化した教育を行うIT×ものづくり教室)、LITALICO発達ナビ(みんなでつくる発達障害ポータルサイト)、U2plus(うつ症状の予防・回復・再発防止をサポートするSNS)、Conobie(個性がのびる、子どもがのびる。 ママとパパのための情報メディア)などが、主な事業内容になります。

LITALICO業績
(※画像クリックで拡大)

LITALICOの業績は右肩上がりで急速に伸びているという印象を受けます。弱者救済という社会的意義の大きなビジネスモデルは、まだまだ潜在的なニーズがありそうです。

LITALICOのIPO評価

LITALICOは事業内容や業績面で高く評価出来ますが、吸収金額16.5億円(想定価格ベース)と中規模で、売出株が公募株の約3倍あることも気になります。

よって、LITALICOの評価はBが妥当だと思います。初値が高騰することは無いでしょうが、公募価格を上回る堅調な初値形成になる可能性が高いと思います。

余談ですが、カカクコムやクックパッドで社長を務めた穐田誉輝さんが発行済株式の10.18%を保有していることでも話題になっていますね。

LITALICO(りたりこ)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

LITAICO(りたりこ)IPOのBB(ブックビルディング)は、公募価格を上回る初値が付くと想定していますので、ほぼ全力で臨むつもりです。

ただ、3月はIPOの新規上場が続くことと売出株が多いという点は懸念材料です。このあたりを見極めて最終的な判断をしていきたいと考えています。

LITALICO(りたりこ)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) BB申し込み
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB申し込み
みずほ証券 BB申し込み
SBI証券 BB申し込み
むさし証券 BB申し込み
マネックス証券 BB申し込み
SMBCフレンド証券 口座無し
カブドットコム証券 BB申し込み

主幹事の野村証券は当然ながら、外れてもポイントの貯まるSBI証券、IPO抽選組に優しい100%完全抽選マネックス証券カブドットコム証券は必ず押さえておきたいところです。


にほんブログ村

LITALICO(りたりこ)IPOのその他情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ