ロジザード(4391)IPOの仮条件が決定しています。ロジザードIPOは、7月一発目の小型なマザーズIPOなので、かなりの人気を集めると思います。

また、ロジザードIPOは人手不足が社会問題化している物流や、IPOで人気になりやすいクラウドというテーマ性でも注目されそうです。

ロジザード

ロジザードIPOの過去記事

ロジザードIPOのBBスタンスとIPO評価!クラウド関連IPO!

ロジザードIPOの新規上場を承認!野村證券が主幹事の小型IPO!

ロジザードIPOの仮条件

800円~900円

ロジザードIPOの仮条件は、想定価格の770円を上回るレンジで設定されています。ロジザードIPOは、当初から注目度が高かったので、仮条件の上振れも想定の範囲内です。

ちなみに、ロジザードIPOの公開価格が仮条件の上限(900円)で決まった場合、吸収金額は7.3億円から8.6億円にアップしますが、小型なことに変わりありませんね。


SMBC日興証券のIPOルール

ロジザードIPOの初値予想

3,000円 (仮条件の上限価格比:+2,100円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,600円~1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,800円~2,100円)

ロジザードIPOは、小型マザーズクラウドと初値高騰の条件が揃ってます。また、7月のIPO第一弾で、直近に新規上場するスプリックスIPOとも間隔が空いており、スケジュール面も問題ありません。

さらに、ロジザードIPOはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が見当たらない点もプラスに働くと思います。

よって、ロジザードIPOは初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ロジザードIPOのその他初値予想はこちら

ロジザードIPOの幹事団

ロジザードIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SMBC日興証券
みずほ証券
SBI証券
岡三証券
岡三オンライン証券

ロジザードIPOで当選を狙うには、主幹事の野村證券を中心に、SMBC日興証券SBI証券など、全ての幹事証券に申し込むのがベストだと思います。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社