ログリー(6579)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の6月5日から始まります。ログリーはネット関連の小型なマザーズIPOなので、かなりの人気を集めそうです。

また、ログリーはIPOラッシュ前半での単独上場なので、スケジュールも恵まれている方だと思います。

ログリー

ログリー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ログリー
コード6579
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
岡三証券
丸三証券
極東証券
岡三オンライン証券
上場日6月20日
仮条件決定日6月4日(1,680円~1,860円に決定)
ブックビルディング期間6月5日から6月11日まで
公開価格決定日6月12日(1,860円に決定)
申込期間6月13日から6月18日まで
公募359,900株
売出し89,000株
OA67,300株
吸収金額8.7億円
時価総額31.9億円
想定価格1,680円→公開価格:1,860円
初値価格4,635円

ログリーIPOの事業内容

ログリーは、「テクノロジーで人々の生活を豊かにする」というビジョンを掲げ、ネイティブ広告プラットフォーム「logly lift」を主軸としたネイティブ広告プラットフォーム事業を展開してます。

ちなみに、ネイティブ広告とはデザイン、内容、フォーマットが、媒体コンテンツの形式や機能と同様でそれらと一体化している広告のことだそうです。

また、ログリーはWEBサイトに訪れたユーザーの関心度を分析し、訪問する回数が一回限りのユーザーに再訪問を促し、ファンを増加させることを目的とした分析ツール「Loyalfarm」を提供しています。

さらに、ログリーはブログ同士やブログとソーシャルをつなぐウィジェット(ブログパーツ)「Zenback」も運営しています。

ログリーIPOの業績

ログリーの業績

(※画像クリックで拡大)

ログリーIPOの業績は急激に伸びていて、これからの成長も期待できそうですね。

ログリーのIPO評価

ログリーは小型(吸収金額8.7億円)、ネット関連、マザーズと初値高騰の条件が揃っているため、間違いなく人気化すると思います。

また、記録的な初値を付けたHEROZやベストワンドットコムで主幹事を務めたSMBC日興証券が主幹事を務めている点でも注目されそうです。

よって、ログリーのIPO評価はAが妥当だと考えています。ログリーIPOは、初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ログリーIPOのその他情報はこちら

ログリーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ログリーIPOのBB(ブックビルディング)は、もちろん全力で臨む予定です。主幹事のSMBC日興証券を中心に、抽選配分比率が比較的高めのSBI証券や前受金が不要の岡三オンライン証券など、幅広く申し込んで少しでも当選確率をアップさせたいと思います。

ログリーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
岡三証券 BB参加
丸三証券 BB参加
極東証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ