メイホーホールディングス(7369)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。

メイホーホールディングスIPOは、人気になりやすいマザーズの小型IPOなので、次第に期待度が高まっているようです。

メイホーホールディングスは6月最初のIPOなので、是非とも当選して幸先の良いスタートを切りたいですね。

メイホーホールディングス

メイホーホールディングスIPOの過去記事

メイホーホールディングスIPOの新規上場を承認!東海東京証券が主幹事

メイホーホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!建設関連IPO

メイホーホールディングスIPOの初値予想!仮条件は上振れ

メイホーホールディングスIPOの配分数(割当数)

メイホーホールディングスIPOの配分数(割当数)は、主幹事の東海東京証券約90%を占めています。ただ、当選枚数はそれでも極少なので、かなりの競争率になりそうです。

よって、平幹事での当選はさらに困難です。しかし、それでも申し込まなければ当選しないので、少しでも当選のチャンスを増やすために、幅広く申し込むのがベストですね。

メイホーホールディングスIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
東海東京証券 (主幹事) 363,700株 90% 364枚 A
野村證券 12,100株 3% 12枚
SMBC日興証券 8,100株 2% 8枚
SBI証券 8,100株 2% 36枚 B
岡三証券 4,000株 1% 4枚
安藤証券 4,000株 1% -枚
水戸証券 4,000株 1% -枚
岡三オンライン証券 ?株 ?% ?枚
合計 404,000株 100% 424枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

SMBC日興証券 オンライントレード

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

メイホーホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、5月24日に締め切られるので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながら、早めに申し込んでください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング


IPO・新規公開株ランキング