名南M&A(7076)IPOの新規上場が承認されました。名南M&A(7076)IPOは、12月2日に名古屋証券取引所セントレックスに新規上場する予定です。

また、名南M&AのIPO主幹事は東海東京証券が務めることになっています。

地方市場(名証セントレックス)ではありますが、ついに12月のIPOが新規承認されました。いよいよ12月のIPOラッシュの幕開けですね。

名南M&A

名南M&A(名証セントレックスIPO)のIPO基本情報

銘柄名名南M&A
コード7076
主幹事証券東海東京証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
岡三証券
エース証券
岡三オンライン証券
上場日12月2日
仮条件決定日11月12日(1,720円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間11月14日から11月20日まで
公開価格決定日11月21日
申込期間11月22日から11月27日まで
公募180,000株
売出し260,000株
OA66,000株
吸収金額8.1億円
時価総額24.1億円
想定価格1,610円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
名南M&A(7076)IPO幹事のSBI証券

名南M&AのIPO概要

名南M&A(7076)IPOは、東海エリアでトップクラスのM&A専門会社です。名南M&Aは、東海・近畿エリアを中心に、地方銀行や信用金庫などの金融機関と積極的に連携して、友好的なM&A支援サービスを展開しています。

また、名南M&Aは中国・東南アジアで21拠点を展開する中国アジア進出支援ネットワークを含め、各国のプロフェッショナルと提携して、日系企業の進出&撤退も、M&A手法で支援しています。

名南M&A(7076)IPOは、さほど規模(吸収金額8.1億円)が大きくなく、業績も好調に推移しているようですが、地方上場(名古屋証券取引所セントレックス)なので、そこそこといった印象です。

名南M&A(7076)IPOの幹事団は、主幹事の東海東京証券をはじめ、SBI証券みずほ証券など5社の幹事証券で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOルール

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!


岡三オンライン証券のIPOルール

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

名南M&A(7076)IPOのその他情報はこちら

名南M&A(7076)IPOの初値予想

名南M&A(7076)IPOの初値予想は、仮条件決定後(11月12日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社