名南M&A(7076)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の11月14日から開始されます。

名南M&Aは、名古屋に本社を置きながら東海・近畿エリアを中心にM&A支仲介事業を展開しており、上場市場も地方市場(名古屋証券取引所セントレックス)なので、地味な印象は否めません。

ただ、名南M&Aは12月のIPO第一弾で、前後のIPOとも間隔が空いている点はプラスに働きそうですね。

名南M&A

名南M&A(名証セントレックスIPO)のIPO基本情報

銘柄名名南M&A
コード7076
主幹事証券東海東京証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
岡三証券
エース証券
岡三オンライン証券
松井証券
上場日12月2日
仮条件決定日11月12日(1,720円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間11月14日から11月20日まで
公開価格決定日11月21日(2,000円に決定)
申込期間11月22日から11月27日まで
公募180,000株
売出し260,000株
OA66,000株
吸収金額8.1億円
時価総額24.1億円
想定価格1,610円→公開価格:2,000円
初値価格2,900円

名南M&A(7076)IPOの事業内容

名南M&Aは、譲渡を希望する企業と買収を希望する企業の引き合わせから、提携条件の調整、契約書類の作成、取引の実行に至るまで、M&A仲介事業を展開しています。

名南M&A(7076)IPOの事業系統図

名南M&Aの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

名南M&Aは東海・近畿エリアを中心に、地方銀行や信用金庫、そして地元の士業の方々と積極的に連携しながら、友好的なM&A支援サービスを展開しており、累計成約件数200件超でアドバイザー数20人という東海地方トップクラスの実績を誇っています。

さらに、名南M&Aは言語と文化、そして制度と法律など、各国特有の事情を鑑みながら、中華人民共和国やベトナム国における日系企業のM&A支援サービスも提供しています。

名南M&A(7076)IPOの業績

名南M&Aの業績

(※画像クリックで拡大)

名南M&A(7076)IPOの業績は、今期になって急激に伸びていて、今後も期待できそうです。

名南M&AのIPO評価

名南M&Aは、規模(吸収金額8.1億円)が小さく見えますが、地方市場(名古屋証券取引所セントレックス)への新規上場なので、やや割り引いて見る必要があります。

ただ、名南M&Aは日程に恵まれていて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株もなく、業績も伸びているので、地方上場でもそこそこの人気を集めると思います。

よって、名南M&AのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。名南M&A(7076)IPOは、公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

名南M&A(7076)IPOのその他情報はこちら

名南M&A(7076)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

名南M&A(7076)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で申し込む予定です。

主幹事の東海東京証券をはじめ、SBI証券岡三オンライン証券などの平幹事も全て申し込むつもりです。

名南M&A(7076)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
東海東京証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加
エース証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング