メルカリ(4385)IPOの新規上場が承認されました。メルカリIPOは、6月19日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

メルカリIPOは、先日6月19日に新規上場すると報じられていたので、報道通りに新規承認されて良かったです。

ちなみに、メルカリは時価総額3,315.6億円(想定価格ベース)で吸収金額も1,067.1億円(国内:533.5億円)なので、もちろん今年最大規模のIPOとなります。

また、メルカリIPOの主幹事は、以前から噂になっていた大和証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券が務めることになっています。

メルカリ

メルカリ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名メルカリ
コード4385
主幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
野村證券
マネックス証券
SBI証券
岩井コスモ証券
極東証券
いちよし証券
カブドットコム証券
上場日6月19日
仮条件決定日6月1日(2,700円~3,000円に決定)
ブックビルディング期間6月4日から6月8日まで
公開価格決定日6月11日(3,000円に決定)
申込期間6月12日から6月15日まで
公募18,159,500株
(国内:4,288,700株→2,111,100株
海外:13,870,800株→16,048,500株
売出し22,554,800株
(国内:14,648,200株
海外:7,906,600株)
OA2,840,500株
吸収金額1,067.1億円(国内:533.5億円)
時価総額3,315.6億円
想定価格2,450円→公開価格:3,000円
初値価格5,000円

メルカリIPOの概要

メルカリIPOは、スマホから誰でも簡単に売り買いが楽しめる日本最大のフリマアプリ「メルカリ」を運営している企業です。

また、メルカリIPOは本・CD・DVD専用フリマアプリ「KAURU(カウル)」と、ブランド査定付きフリマアプリ「MAISONZ(メゾンズ)」も運営しています。

メルカリIPOは、とにもかくにも知名度が抜群なので、かなり注目されると思います。規模の大きさや売出株の多さは気になりますが、それでもお祭り気分で参加したくなるIPOですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

メルカリIPOのその他情報はこちら

メルカリIPOでオススメの幹事証券

メルカリIPOは規模が大きいだけに、共同主幹事の大和証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券はもちろんのこと、平幹事の中で一番シェアの高そうなSMBC日興証券も期待できそうです。


SMBC日興証券のIPOルール


また、100%完全抽選で誰にでも平等に当選のチャンスがあるマネックス証券も外せません。


マネックス証券のIPOルール


さらに、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同主幹事を務めているので、同グループのカブドットコム証券が委託幹事入りした場合は、穴場になりそうです。←正式に決定しました!

メルカリIPOの初値予想

メルカリIPOの初値予想は、仮条件決定後(6月1日以降)に追記させていただきます。

4,500円 (仮条件の上限価格比:+1,500円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:3,500円~4,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:4,000円~4,500円)

(※大手予想会社の初値予想第三弾:4,500円~5,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング