マーキュリアインベストメント(7190)IPOの幹事証券ごとの配分数が決定しています。マーキュリアインベストメントIPOは、あまりの不人気で話題になっているKHネオケムIPOよりはマシだと思いますが、それでも公開価格を割れる可能性は高そうです。

マーキュリアインベストメント

マーキュリアインベストメントIPOのBB(ブックビルディング)は、9月29日から始まっていますが、公開価格割れのリスクがあるため、個人的にはオススメ出来ません。

ただ、それでもチャレンジしてみたい方は、各幹事証券の配分数を参考にしながら、BB(ブックビルディング)して下さい。

マーキュリアインベストメントIPOの配分数
幹事証券会社 配分数 配分比率 優先度
SMBC日興証券
(主幹事)
766,500株 84% A
SBI証券 36,400株 3.99% C
マネックス証券 36,400株 3.99% B
岡三証券 27,300株 2.99%
SMBCフレンド証券 18,200株 2%
エース証券 9,100株 1%
丸三証券 9,100株 1%
岩井コスモ証券 9,100株 1%
松井証券 -株 -%
合計 912,100株 100%


マーキュリアインベストメントIPOで主幹事を務めるSMBC日興証券


にほんブログ村

マーキュリアインベストメントIPOのその他情報はこちら

マーキュリアインベストメントIPOで当選を目指すには、主幹事のSMBC日興証券と、抽選配分数が多いマネックス証券には、必ず申し込みたいところです。

また、SBI証券は抽選に外れればIPOチャレンジポイントが貰えるので、基本的に見送る予定の方も、ポイント狙いで申し込むことをオススメします。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

SBI証券は、主幹事でもないのにKHネオケムIPOで補欠当選を乱発して話題になっていますが、さすがに今回はそこまで酷い状況にはならないと思います。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンとマクロミルが、年内に再上場する可能性が出てきたので、上場承認されてから慌てないように、証券口座を増やしておきましょう。

IPOにオススメの証券会社