ミアヘルサ(7688)IPOのBB(ブックビルディング)が、今月末の2月28日から始まります。

ミアヘルサ(旧社名:株式会社日本生化学研究所)は、主に調剤薬局「日生薬局」を運営している企業です。

ミアヘルサはIPOラッシュ中盤での3社同時上場なので、買い疲れや資金分散の影響が気になりますね。

ミアヘルサ

ミアヘルサ(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名ミアヘルサ
コード7688
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
大和証券
SBI証券
マネックス証券
上場日3月17日
仮条件決定日2月26日(2,030円~2,330円に決定)
ブックビルディング期間2月28日から3月5日まで
公開価格決定日3月6日(2,330円に決定)
申込期間3月9日から3月12日まで
公募300,000株
売出し300,000株
OA90,000株
吸収金額16.1億円
時価総額52.2億円
想定価格2,330円→公開価格:2,330円
初値価格1,748円

SMBC日興証券 オンライントレード

ミアヘルサIPOの事業内容

ミアヘルサは、医薬・介護・保育の3事業のサービスを一体的に提供することで、国の方針である「地域包括ケアシステム」の実現を目指しています。

ミアヘルサの地域包括ケアシステム

(※画像クリックで拡大)

医薬事業は売上の約57%を占めており、東京都を中心とした首都圏で調剤薬局「日生薬局」を41店舗(2020年1月31日現在)展開しています。

介護事業は売上の約20%を占めており、東京都・埼玉県・千葉県内において、居宅介護支援、サービス付き高齢者向け住宅、通所介護、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)など、介護保険法、老人福祉法、高齢者の居住の安定確保に関する法律に基づく各種介護サービスを提供しています。

保育事業は売上の約18%を占めており、東京都内において認可保育所15園、認証保育所1園、院内保育所(運営受託)1園、神奈川県内において認可保育所3園、千葉県内において認可保育所3園を運営しています。

IPOによる手取金の使途

  1. 保育園開設のための設備投資資金
  2. 薬局開設のための設備投資資金
  3. 借入金の返済資金

ミアヘルサIPOの業績

ミアヘルサの業績

(※画像クリックで拡大)

ミアヘルサIPOの売上は、概ね堅調に推移しているものの、やや頭打ちという印象も受けます。ただ、利益は黒字転換してから順調に伸びているようですね。

ミアヘルサのIPO評価

ミアヘルサは規模(吸収金額16.1億円)が大きいというほどではありませんが、リビングプラットフォームドラフトとの3社同時上場なので、それでも需給面に不安があります。

また、調剤薬局「日生薬局」の運営を中心とした事業もIPOで人気とはいえませんが、地域包括ケアシステムという国策とマッチしたテーマ性で注目されるかもしれません。

よって、ミアヘルサのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ミアヘルサIPOは全体的に可もなく不可もなくという印象なので、公開価格を若干上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ミアヘルサIPOのその他情報はこちら

ミアヘルサIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ミアヘルサIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。主幹事のみずほ証券をはじめ、IPOの取扱銘柄数が豊富なSMBC日興証券や、100%完全抽選のマネックス証券などにも申し込む予定です。

ミアヘルサIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
みずほ証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
大和証券 BB参加
SBI証券 BB参加
マネックス証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング