ミクリード(7687)IPOの新規上場が承認されました。ミクリードIPOは、3月16日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、ミクリードIPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。3月のIPOは、これで11社目となりました。3月は予想通りのIPOラッシュになりましたね。

ミクリード

ミクリード(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ミクリード
コード7687(卸売業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
マネックス証券
岡三証券
エース証券
auカブコム証券
岡三オンライン証券
上場日3月16日
仮条件決定日2月25日(790円~890円に決定)
ブックビルディング期間2月27日から3月4日まで
公開価格決定日3月5日(890円に決定)
申込期間3月6日から3月11日まで
公募50,000株
売出し882,000株
OA139,800株
吸収金額9.5億円
時価総額18.2億円
想定価格890円→公開価格:890円
初値価格818円


ミクリードIPO幹事のマネックス証券

ミクリードIPOの概要

ミクリードIPOは、個人経営の居酒屋をメインとした中小飲食店への業務用食材の通信販売を主な事業として展開している企業です。

ミクリードIPOは365日受注・出荷ができる販売体制を敷いており、業務用食材のカタログ、オンライン通販サイト「ミクリード」も運営しています。

ミクリードIPOは人気になりにくい卸売セクターで、売出株(882,000株)の多さも気になります。

ただ、ミクリードIPOは手の出しやすい価格で規模(吸収金額9.5億円)も小さいため、需給面で注目されるかもしれませんね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ミクリードIPOのその他情報はこちら

ミクリードIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券をはじめ、IPO抽選組に人気のSBI証券マネックス証券などの7社で構成されています。

また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と岡三証券が幹事団入りしているので、同グループのauカブコム証券岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうです。←正式に決定しました!


岡三オンライン証券のIPOルール

ミクリードIPOの初値予想

ミクリードIPOの初値予想は、仮条件決定後(2月25日以降)に追記させていただきます。

1,300円⇒818円 (公開価格比:-72円)

(※大手予想会社の初値予想:1,100円~1,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社