森六ホールディングス(4249)IPOは、江戸時代の1663年(寛文3年)に創業した堅実な老舗企業として注目されているようです。

ただ、森六ホールディングスIPOは規模が大きく、オプトランIPOとの同時上場なので、やはり需給面に不安がありますね。

森六ホールディングス

森六ホールディングスIPOの関連記事

森六ホールディングスIPOのBBスタンスとIPO評価!化学セクターIPO!

森六ホールディングスIPOの新規上場を承認!野村主幹事の大型IPO!

森六ホールディングスIPOの仮条件

2,610円~2,700円

森六ホールディングスIPOの仮条件は、想定価格の2,610円を下限に上方へ少し拡げたレンジになっています。森六ホールディングスは規模の大きさが懸念されていたので、もう少し弱めの仮条件になるかと思いましたが、主幹事が野村證券だけあってやや強気ですね。

ちなみに、森六ホールディングスIPOの公開価格が仮条件の上限(2,700円)で決まった場合、吸収金額は102.1億円から105.6億円にアップするので、さらに重く感じます。


IPOにオススメの証券会社ランキング

森六ホールディングスIPOの初値予想

2,700円 (想定価格比:+90円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,710円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,700円~3,000円)

森六ホールディングスIPOは、同じく大型なオプトランIPOとの同時上場なので、資金分散の影響を受けると思います。

また、IPOラッシュ終盤での上場なので、買い疲れの影響も受けそうです。さらに、前日に上場するみらいワークスIPOが初日値付かず濃厚なので、3社同時上場になる可能性が高く、需給面は厳しいと言わざるを得ません。

よって、森六ホールディングスIPOは公開価格を目安に初値形成すると予想しています。ただ、森六ホールディングスは主幹事が野村證券なので、大型でもそれなりの形に持ってくる気はしますね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

森六ホールディングスIPOのその他初値予想はこちら

森六ホールディングスIPOの幹事団

森六ホールディングスIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 SMBC日興証券
岡三証券
むさし証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
みずほ証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券

森六ホールディングスIPOは、主幹事の野村證券だけでなく、SMBC日興証券SBI証券にもチャンスがありそうですが、リスクも頭に入れておく必要があります。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社