日本国土開発(1887)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(2月15日)から始まります。日本国土開発は、IPOで不人気の再上場案件なので警戒されると思います。

ただ、日本国土開発は3月のIPO第一弾なので、それでもなるべく良いスタートを切ってほしいですね。

日本国土開発

日本国土開発(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名日本国土開発
コード1887
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
大和証券
極東証券
マネックス証券
カブドットコム証券
DMM.com証券
上場日3月5日
仮条件決定日2月13日(490円~510円に決定)
ブックビルディング期間2月15日から2月21日まで
公開価格決定日2月22日(510円に決定)
申込期間2月25日から2月28日まで
公募12,080,000株
売出し1,376,000株
OA2,018,400株
吸収金額77.4億円
時価総額491.3億円
想定価格500円→公開価格:510円
初値価格624円

日本国土開発IPOの事業内容

日本国土開発は、「わが社はもっと豊かな社会づくりに貢献する」という理念のもと、土木工事業及び建設用機械の製造・販売・賃貸などを行っている総合建設会社です。

土木事業では、ダム・河川・トンネル・道路・上下水道・造成工事等の社会基盤整備及び震災関連復興工事から、太陽光発電等再生可能エネルギー、維持補修、環境再生工事まで幅広い工事を行っています。

日本国土開発の土木事業

(※画像クリックで拡大)

建築事業では、保有技術を活用した超高層建築や大スパン建築、食品工場、建物リニューアルを強みとして、住宅・ホテル・事務所・店舗・物流施設・工場等の設計監理及び施工管理を行っています。

日本国土開発の建築事業

(※画像クリックで拡大)

関連事業では、不動産の売買、賃貸及び都市開発・地域開発等不動産開発全般に関する事業並びに再生可能エネルギー事業、建設用資機材の賃貸事業等を営んでいます。

日本国土開発の関連事業

(※画像クリックで拡大)

日本国土開発IPOの業績

日本国土開発の業績

(※画像クリックで拡大)

日本国土開発IPOの売上は、やや頭打ちという印象を受けますが、利益は右肩上がりで伸びているので、概ね堅調だと思います。

日本国土開発のIPO評価

日本国土開発は、東証1部なら規模(吸収金額77.4億円)が大きいというほどではなく、想定価格(500円)も手の出しやすい価格になっていると思います。

ただ、日本国土開発は1999年に会社更生法手続開始にともなって上場廃止しているため、IPOで不人気の再上場案件になります。

よって、日本国土開発のIPO評価は、Dが妥当だと考えています。日本国土開発IPOは、公開価格をやや上回ったところで初値形成しそうですが、地合い次第で公開価格を割れる可能性もあると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

日本国土開発IPOのその他情報はこちら

日本国土開発IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

日本国土開発IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ただ、低価格だけにリスクは小さそうなので、少しだけ参加しようかとも考えています。

日本国土開発IPOは当選枚数が多めなので、主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券なら、かなり期待できると思います。

また、100%完全抽選のマネックス証券や、三菱UFJモルガン・スタンレー証券と同グループのカブドットコム証券などもチャンスがありそうです。

日本国土開発IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB検討中
みずほ証券 BB検討中
大和証券 BB検討中
極東証券 口座なし
マネックス証券 BB検討中
カブドットコム証券 BB検討中
DMM.com証券 BB検討中


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社