NATTY SWANKY(7674)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(3月12日)から始まります。NATTY SWANKY(ナッティースワンキー)は、餃子居酒屋「肉汁餃子製作所ダンダダン酒場」を運営していることで関心を集めているようです。

ただ、NATTY SWANKYは日本ホスピスホールディングスフレアスとの3社同時上場なので、需給面にやや不安がありますね。

NATTY SWANKY

NATTY SWANKY(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名NATTY SWANKY
コード7674
主幹事証券SMBC日興証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
みずほ証券
いちよし証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
マネックス証券
カブドットコム証券
上場日3月28日
仮条件決定日3月11日(3,140円~3,270円に決定)
ブックビルディング期間3月12日から3月18日まで
公開価格決定日3月19日(3,270円に決定)
申込期間3月20日から3月26日まで
公募430,000株
売出し82,000株
OA76,800株
吸収金額19.3億円
時価総額66.6億円
想定価格3,270円→公開価格:3,270円
初値価格3,930円

SMBC日興証券 オンライントレード

NATTY SWANKY(7674)IPOの事業内容

NATTYY SWANKは、「餃子」という流行り廃りがなく、年間を通じて食べられる食材をメインとして、餃子居酒屋「肉汁餃子製作所ダンダダン酒場」を展開しています。

ちなみに、餃子居酒屋「肉汁餃子製作所ダンダダン酒場」の店舗数は、2018年12月末現在、直営店47店、フランチャイズ店19店となっています。

NATTY SWANKYの事業系統図

NATTY SWANKYの事業系統図

(※画像クリックで拡大)

NATTY SWANKYは、商品開発を「餃子」に特化することで、限られたリソースを集中した結果、独自の製法とレシピを開発し、均一性のある餃子を全店で提供しています。

また、NATTY SWANKYは全店統一した接客サービスの向上のため、いくつもの独自社内研修も実施しています。

肉汁餃子製作所ダンダダン酒場の店舗画像

NATTY SWANKY(7674)IPOの業績

NATTY SWANKYの業績

(※画像クリックで拡大)

NATTY SWANKY(7674)IPOの売上は綺麗な右肩上がりで、利益も急激に伸びていて好調そうです。

NATTY SWANKYのIPO評価

NATTY SWANKYは、3社同時上場で規模(吸収金額19.3億円)もやや大きいため、需給面が良好とは言えません。

ただ、餃子居酒屋「肉汁餃子製作所ダンダダン酒場」はそれなりの知名度があり、業績も好調に推移していることから人気を集めそうです。

よって、NATTY SWANKYのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。NATTY SWANKY(7674)IPOは、公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

NATTY SWANKY(7674)IPOのその他情報はこちら

NATTY SWANKY(7674)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

NATTY SWANKY(7674)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ前向きに参加するつもりです。主幹事のSMBC日興証券を中心に、IPOでお馴染みのSBI証券や、100%完全抽選のマネックス証券などにも申し込む予定です。

NATTY SWANKY(7674)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング