ヌーラボ(5033)IPOの幹事証券ごとの配分数(割当数)が決まっています。ヌーラボIPOは仮条件が大幅に下振れしたことで話題になっています。

仮条件が大幅に下振れしたことでリスクも高まった感じですが、逆に割安感も出てきたので、申し込むべきかどうか悩ましいですね。

ヌーラボ

ヌーラボIPOの過去記事

ヌーラボIPOの新規上場を承認!SMBC日興証券が主幹事

ヌーラボIPOのBBスタンスとIPO評価!クラウド関連IPO

ヌーラボIPOの初値予想!仮条件は驚愕の下振れ

ヌーラボIPOの配分数(割当数)

ヌーラボIPOの配分数(割当数)は、主幹事のSMBC日興証券95%を占めていて、当選枚数もそれなりにあるので期待できそうです。

また、100%平等抽選のマネックス証券もチャンスがありそうですね。

ヌーラボIPOの配分数(割当数)
幹事証券会社 配分数 配分比率 抽選配分数 優先度
SMBC日興証券 (主幹事) 1,842,500株 95% 1,843枚 A
マネックス証券 48,500株 2.5% 485枚 B
西日本シティTT証券 28,900株 1.5% -枚
SBI証券 19,400株 1% 87枚 C
合計 1,939,300株 100% 2,415枚

※抽選配分数は、あくまでも予測数です。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SMBC日興証券 オンライントレード
ヌーラボIPO主幹事のSMBC日興証券

ヌーラボIPOのBB(ブックビルディング)は昨日(6月13日)からスタートしているので、上記の割当数(配分数)などを参考にしながらご検討ください。

※締切り日時は証券会社によって微妙に異なるので、必ずご自分でご確認ください。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社