オンデック(7360)IPOのBB(ブックビルディング)が12月11日から始まります。オンデックは、中小企業のM&A支援に特化した事業を展開しています。

また、オンデックは12月のIPOラッシュを締めくくる今年最後のIPOとしても注目されそうですね。

オンデック

オンデック(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名オンデック
コード7360(サービス業)
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
みずほ証券
SBI証券
岡三証券
東洋証券
藍澤證券
エース証券
楽天証券
マネックス証券
岡三オンライン証券
上場日12月29日
仮条件決定日12月9日(1,400円~1,550円に決定)
ブックビルディング期間12月11日から12月17日まで
公開価格決定日12月18日(1,550円に決定)
申込期間12月21日から12月24日まで
公募300,000株
売出し250,000株
OA82,500株
吸収金額8億円
時価総額35.3億円
想定価格1,270円→公開価格:1,550円
初値価格4,500円

オンデックIPOの事業内容

オンデックは創業以来15年間にわたって、一貫して中小企業のM&Aに特化したアドバイザリー事業を展開しています。

オンデックは中小企業のM&Aがマッチングビジネス化しつつある中、高品質なアドバイザリーサービスを追求する専門家集団です。

M&Aアドバイザリー業務では、企業が買収や合併を行う際に譲渡希望者と買収希望者の仲介、またはいずれか一方のフィナンシャルアドバイザーとして助言を行っています。

オンデックの事業内容

IPOによる手取金の使途

  1. M&Aアドバイザリー事業に関連するサービスとして、M&A検討企業に対して有用な情報をWeb上で提供するプラットフォームの構築を企画しており、その構築資金として
  2. 業容拡大に対応して、2021年11月期に大阪本社の移転を予定しており、その移転資金(構築物、敷金等)として
  3. M&Aプラットフォームの企画・設計に係る費用として
  4. 大阪本社の移転費用(仲介手数料、引っ越し費用等)として

オンデックIPOの業績

オンデックの業績

(※画像クリックで拡大)

オンデックIPOの業績はやや波がありますが概ね堅調そうです。

オンデックのIPO評価

オンデックは、マザーズへの単独上場で規模(吸収金額8億円)も小さく、今年最後のIPOでもあるため、需給面で注目されると思います。

また、M&A支援事業は目新しさに欠けるものの安定した人気があるため、事業面でも関心を集めそうです。

よって、オンデックのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。オンデックIPOは、初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

オンデックIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

オンデックIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨む予定です。主幹事の野村證券を中心に、100%平等抽選のマネックス証券楽天証券などの平幹事もしっかりと申し込むつもりです。

オンデックIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
藍澤證券 口座なし
エース証券 口座なし
楽天証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング