ピー・ビーシステムズ(4447)IPOの仮条件が発表されました。ピー・ビーシステムズIPOは小型でスケジュールにも恵まれているため、需給面で人気を集めそうです。

また、ピー・ビーシステムズIPOは9月最初のIPOなので、少しでも良い初値を付けて今後のIPOにつなげてほしいですね。

ピー・ビーシステムズ

ピー・ビーシステムズIPOの関連記事

ピー・ビーシステムズIPOのBBスタンスとIPO評価!クラウド関連IPO!

ピー・ビーシステムズIPOの新規上場を承認!エイチ・エス証券が主幹事!

ピー・ビーシステムズIPOの仮条件

1,280円~1,380円

ピー・ビーシステムズIPOの仮条件は、想定価格の1,370円をほぼ上限に下方へ拡げて設定されています。ピー・ビーシステムズIPOは、小型ですが地方上場(福岡証券取引所Q-Board)なので、無難な仮条件だと思います。

ちなみに、ピー・ビーシステムズIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は3.28億円から3.31億円にアップしますが、ほとんど変わりないですね。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

ピー・ビーシステムズIPOの初値予想

2,070円⇒2,500円 (公開価格比:+1,120円)

(※大手予想会社の初値予想:2,000円~3,000円)

ピー・ビーシステムズIPOは9月のIPO第一弾で、規模(吸収金額3.3億円)が小さくて、クラウドSaaSVRといったテーマ性もあるため、マザーズなら公開価格の2倍を超える初値が付いてもおかしくありません。

ただ、ピー・ビーシステムズIPOは流動性が低い地方市場(福岡証券取引所Q-Board)への新規上場なので、やや割り引いて見る必要があると思います。

よって、ピー・ビーシステムズIPOは公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ピー・ビーシステムズIPOのその他初値予想はこちら

ピー・ビーシステムズIPOの幹事団

ピー・ビーシステムズIPOの幹事団
主幹事証券 エイチ・エス証券
幹事証券 SBI証券
FFG証券
西日本シティTT証券
岡三証券
東洋証券
エース証券
岡三オンライン証券

主幹事のエイチ・エス証券は当然ながら、ネットから申し込める幹事証券のSBI証券岡三証券岡三オンライン証券も押さえておきたいところです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社