フィル・カンパニー(3267)IPOの新規上場が承認されました。フィル・カンパニーIPOは、11月18日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定になっています。

ようやくIPOの新規上場が承認されました。フィル・カンパニーIPOは、11月1日に新規上場する岐阜造園IPOバロックジャパンリミテッドIPOから、2週間以上空けての新規上場となります。

フィル・カンパニーIPOは主幹事がSBI証券なので、またもIPOチャレンジポイントのポイント当選ラインや複数配分数が話題になりそうですね。

フィル・カンパニー

フィル・カンパニー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名フィル・カンパニー
コード3267
主幹事証券SBI証券
幹事証券みずほ証券
岩井コスモ証券
エース証券
岡三証券
藍澤證券
SMBCフレンド証券
東洋証券
日本アジア証券
上場日11月18日
仮条件決定日10月28日(1,190円~1,310円に決定)
ブックビルディング期間11月1日から11月8日まで
公開価格決定日11月9日(1,310円に決定)
申込期間11月11日から11月16日まで
公募200,000株
売出し100,000株
OA45,000株
吸収金額4.2億円
想定価格1,210円


フィル・カンパニーIPO主幹事のSBI証券

フィル・カンパニーIPOの概要

フィル・カンパニーIPOは、1階が駐車場で、2階以上を店舗とする「空中店舗フィル・パーク」の企画、設計、建築を行っている企業です。

フィル・パークとは、都市部に多数存在し、さらに増え続けているコインパーキング等の空中空間を活用することで、「駐車場=Parking」と「人=People」と「植物=Plant」が共存できる独自空間(空中店舗)を創り出す事業です。

フィル・カンパニーIPOは、吸収金額4.2億円(想定価格ベース)と小型なマザーズIPOなので、需給面に問題は無さそうです。また、直近のIPOから2週間以上空けての新規上場という点もプラス要素です。

また、フィル・カンパニーIPOの事業内容は、IPO的に人気があるとは言えませんが、駐車場の空中空間を生かすというビジネスモデルは悪くないですね。

フィル・カンパニーIPOの主幹事は、アイモバイルIPOでも主幹事を務めているSBI証券です。今回もポイント当選ラインと複数配分には要注目です。⇒(SBI証券のIPOチャレンジポイント解説


SBI証券のIPOルール

フィル・カンパニーIPOの幹事団には、IPO後期型で口座数も少なめで穴場的な岩井コスモ証券が名を連ねています。


岩井コスモ証券のIPOルール

フィル・カンパニーIPOの初値予想

アイモバイルIPOの初値予想は、仮条件決定後(10月28日以降)に追記させていただきます。

3,000円 (想定価格比:+1,790円)

(※大手予想会社の初値予想:2,600円~3,000円)


にほんブログ村

フィル・カンパニーIPOのその情報はこちら


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

IPOは、これから年末に向けて、次々と新規承認されると思いますので、今のうちに証券口座を増やして、IPOラッシュに備えておきましょう

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング