ピアラ(7044)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の11月22日からスタートします。ピアラは個人投資家に人気のSBI証券が主幹事なので、次第に期待度が高まっているようです。

また、にほんブログ村などではIPOチャレンジポイントについて様々な意見がアップされており、当選ラインや当選配分数について、ますます関心を集めると思います。

ピアラ

ピアラ(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ピアラ
コード7044
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
みずほ証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
むさし証券
楽天証券
極東証券
東洋証券
上場日12月11日
仮条件決定日11月20日(2,350円~2,550円に決定)
ブックビルディング期間11月22日から11月29日まで
公開価格決定日11月30日(2,550円に決定)
申込期間12月4日から12月7日まで
公募350,000株
売出し90,000株
OA44,000株
吸収金額10.7億円
時価総額76.9億円
想定価格2,210円→公開価格:2,550円
初値価格5,030円

ピアラIPOの事業内容

ピアラは、ビューティー&ヘルス及び食品市場において、ECを運営するクライアントに対して、新規顧客獲得から顧客育成まで、各課題に対応するEC支援事業を行っています。

ECマーケティングテック事業では、AI搭載総合マーケティングオートメーションシステム「RESULT MASTER」、売上拡大のためのECカート「RESULT EC」、クローズド型アフィリエイト「RESULT PLUS」、オンライン接客システム「BeMattch」、チャットコマースシステム「Gibbons」を利用したKPI保証型の総合支援サービスを提供しています。

ちなみに、KPI保証とは新規顧客がクライアントの商品を購入するためにかかる、新規顧客獲得単価をピアラが保証することです。

ピアラの事業図

ピアラの事業

(※画像クリックで拡大)

広告・マーケティング事業では、同封広告「同封コンシェルジュ」、DM広告「DMコンシェルジュ」、インフルエンサーマーケティング「バズミニッツ」、インバウンドマーケティング「中国進出コンシェルジュ」など、クライアントの課題に合わせて、最適な媒体や手法を提案することでEC支援を行っています。

さらに、ピアラは日本だけでなく、中国やタイにも関連会社を設立し、これらを拠点としてアジア地域を中心に越境EC市場への参入を加速させています。

ピアラIPOの業績

ピアラの業績

(※画像クリックで拡大)

ピアラIPOの売上は右肩上がりで伸びていますが、利益はかなりバラついています。ただ、今期は急激に伸びているので、今後に期待できそうです。

ピアラのIPO評価

ピアラは、小型とまではいかないものの規模(吸収金額10.7億円)が小さめで、AI(人工知能)ビッグデータというテーマ性もあるため、かなりの人気を集めると思います。

また、ピアラはアルーとの同時上場ですが、両方合わせても19.5億円程度なので、十分にこなせそうです。

よって、ピアラのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。ピアラIPOは、公開価格の2倍を上回る高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ピアラIPOのその他情報はこちら

ピアラIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ピアラIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込むつもりです。主幹事のSBI証券はIPOチャレンジポイントを使って当選を狙うことも出来ますが、今のところポイントを使うかは検討中です。

ピアラIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
藍澤証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加
むさし証券 BB参加
楽天証券 BB参加
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング