ピアラ(7044)IPOの仮条件が発表されました。ピアラIPOは、12月のIPO第一弾というだけでなく、直近の霞ヶ関キャピタルIPOとも約2週間空いているため、注目度が高くて資金も集まりやすいと思います。

ピアラIPOは、12月のIPOラッシュの先陣を切る銘柄なので、良い流れを作ってほしいですね。

ピアラ

ピアラIPOの関連記事

ピアラIPOのBBスタンスとIPO評価!EC支援系IPO!

ピアラIPOの新規上場を承認!主幹事はSBI証券!

ピアラIPOの仮条件

2,350円~2,550円

ピアラIPOの仮条件は、想定価格の2,210円を大幅に上回るレンジで設定されています。ピアラIPOは、当初から高い評価を得ていたので、仮条件の上振れも想定していましたが、それにしても強気の仮条件ですね。

ちなみに、ピアラIPOの公開価格が仮条件の上限(2,550円)で決まると、吸収金額は10.7億円から12.3億円にアップしますが、大勢に影響はないと思います。


SBI証券のIPOルール

ピアラIPOの初値予想

6,400円 (想定価格比:+4,190円)

(※大手予想会社の初値予想:5,000円~7,000円)

ピアラIPOは、規模(吸収金額12.3億円)が大きいというほどではなく、IPO向きののAI(人工知能)ビッグデータというテーマ性もあるため、間違いなく人気化すると思います。

ピアラIPOは、アルーIPOとの同時上場で、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も気になりますが、それでも初日値付かずの翌日に即金規制(買付代金(現金)の即日徴収)で初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ピアラIPOのその他初値予想はこちら

ピアラIPOの幹事団

ピアラIPOの幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 SMBC日興証券
みずほ証券
藍澤證券
岩井コスモ証券
むさし証券
楽天証券
極東証券
東洋証券

ピアラIPOは主幹事がSBI証券なので、IPOチャレンジポイントを使って当選を狙う手もあります。

また、12月のIPOで主幹事や幹事を数多く務めているSMBC日興証券や、IPO後期抽選型の岩井コスモ証券なども押さえておきたいところです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社