プレミアグループ(7199)IPOは、東証2部、大型(吸収金額125.8億円)、ほぼ売出株など、懸念材料ばかりが目立つため、かなり厳しそうな雰囲気です。

また、前日に同じく大型のオプトランIPO森六ホールディングスIPOが同時上場するというスケジュールもマイナスに働きそうです。

プレミアグループ

プレミアグループIPOの関連記事

プレミアグループIPOのBBスタンスとIPO評価!金融系IPO!

プレミアグループIPOの新規上場を承認!東証2部の大型IPO!

プレミアグループIPOの仮条件

2,260円~2,320円

プレミアグループIPOの仮条件は、想定価格の2,260円を下限に少しだけ上方に拡げて設定されています。

プレミアグループIPOは、当初から需給面で懸念されていたので、もう少し弱めの設定になると予想していましたが、主幹事が野村證券ということもあってか、意外と強気に感じます。

ちなみに、プレミアグループの公開価格が仮条件の上限(2,320円)で決まった場合、吸収金額は125.8億円から129.1億円にアップするので、さらに規模の大きさが気になりますね。


IPOは前受金不要(事前入金)!

プレミアグループIPOの初値予想

2,260円 (想定価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,260円~2,500円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,320円~2,550円)

プレミアグループIPOは、公募株(60,000株)に対して売出株(4,780,000株)が非常に多いため、どうしても投資ファンドの出口案件に見えてしまいます。

また、東証2部にしては規模(吸収金額125.8億円)が大きい点も需給面で警戒されそうです。よって、プレミアグループIPOは、公開価格を目安に初値形成すると予想していますが、公開価格割れのリスクも無きにしも非ずだと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

プレミアグループIPOのその他初値予想はこちら

プレミアグループIPOの幹事団

プレミアグループIPOの幹事団
主幹事証券 野村證券
幹事証券 大和証券
SMBC日興証券
SBI証券
いちよし証券
岡三証券
極東証券
東海東京証券
マネックス証券
みずほ証券
岡三オンライン証券

プレミアグループIPOは当選枚数が多いので、主幹事の野村證券だけでなく、その他の平幹事でも当選を狙えそうです。ただし、リスクもそれなりにあるため、当選欲しさに参加するのはオススメ出来ません。


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング