プロパティデータバンク(4389)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の6月11日からスタートされます。

プロパティデータバンクは、想定価格ベースで吸収金額が7.2億円と小さいため、需給面で注目されると思います。

また、プロパティデータバンクは4社同時上場ですが、その中でも人気上位だと思うので、資金分散の影響は小さそうですね。

プロパティデータバンク

プロパティデータバンク(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名プロパティデータバンク
コード4389
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SMBC日興証券
SBI証券
極東証券
カブドットコム証券
上場日6月27日
仮条件決定日6月7日(1,660円~1,780円に決定)
ブックビルディング期間6月11日から6月15日まで
公開価格決定日6月18日
申込期間6月19日から6月22日まで
公募210,000株
売出し168,000株
OA56,700株
吸収金額7.2億円
時価総額31.3億円
想定価格1,660円
初値価格4,100円

プロパティデータバンクIPOの事業内容

プロパティデータバンクは、顧客の保有する不動産や施設の運用管理を支援をするために、不動産・施設等の運用管理に特化した統合資産管理クラウドサービス「@プロパティ」を提供しています。

@プロパティは、様々な業種の民間企業、官公庁・自治体など、法人約800社・全国10数万棟に導入されており、オフィス・工場・店舗などの事業用不動産、テナントビルなどの投資用不動産、自社所有物件や賃借物件など施設・不動産に関わる顧客の幅広いニーズに答えています。

また、プロパティデータバンクは既に「@プロパティ」を導入している顧客や、導入を予定している顧客に対して、クラウドサービスを基盤にした業務効率化支援を実施しながらも、顧客の業務上の課題解決を実現するためのソリューションサービスも提供しています。

プロパティデータバンクIPOの業績

プロパティデータバンクの業績

(※画像クリックで拡大)

プロパティデータバンクIPOの業績は、概ね堅調に推移していて問題なさそうですね。

プロパティデータバンクのIPO評価

プロパティデータバンクは、4社同時上場ではありますが、マザーズの小型IPOなので、それでも人気化すると思います。

また、不動産に特化したクラウドサービスもIPOで人気になりやすいので関心を集めそうです。

よって、プロパティデータバンクのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。プロパティデータバンクIPOは、初日値付かずも想定される高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

プロパティデータバンクIPOのその他情報はこちら

プロパティデータバンクIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

プロパティデータバンクIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込む予定です。主幹事の三菱UFJモルガンスタンレー証券はもちろんのこと、同グループのカブドットコム証券にも秘かに期待しています。

また、IPOでお馴染みのSMBC日興証券SBI証券などにも申込んで、少しでも当選確率をアップさせたいと思います。

プロパティデータバンクIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
極東証券 口座なし
カブドットコム証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ