ラクスル(4384)IPOのBB(ブックビルディング)が、来週の5月16日から始まります。ラクスルは、以前からIPO候補として名が挙がっていたので、注目度は高いと思います。

また、ラクスルは約1カ月ぶりのIPOなので、スケジュールにも恵まれています。ただし、マザーズにしてはかなり規模(吸収金額176.3億円)が大きい点は懸念材料です。

ラクスル

ラクスル(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ラクスル
コード4384
主幹事証券大和証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
SMBC日興証券
マネックス証券
カブドットコム証券
上場日5月31日
仮条件決定日5月15日(1,300円~1,500円に決定)
ブックビルディング期間5月16日から5月22日まで
公開価格決定日5月23日(1,500円に決定)
申込期間5月24日から5月29日まで
公募2,500,000株
売出し8,449,900株
OA1,642,100株
吸収金額176.3億円
時価総額385.2億円
想定価格1,400円→公開価格:1,500円
初値価格1,645円

ラクスルIPOの事業内容

ラクスルは、「仕組みを変えれば、世界はもっと良くなる」というヴィジョンを掲げ、印刷及び集客支援のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」と、物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」を運営しています。

印刷のシェアリングプラットフォーム「ラクスル」は、インターネット上で名刺、チラシ、ポスター、カタログといった印刷物を販売しています。

また、ラクスルは折込チラシ、ポスティング、DM(ダイレクトメール)などの集客支援サービスも提供しています。

物流のシェアリングプラットフォーム「ハコベル」は、インターネット上で荷物を送りたいユーザーと運送会社のドライバーをマッチングし、かんたんに荷物の配送予約ができるサービスを提供しています。

ラクスルIPOの業績

ラクスルの業績

(※画像クリックで拡大)

ラクスルの売上は右肩上がりで順調に伸びています。ただし、利益はいまだに赤字なのが気になりますね。

ラクスルのIPO評価

ラクスルは、5月最初で最後のIPOで、以前からIPO候補としても取り上げられていたため、かなり注目されると思います。

ただ、ラクスルは規模(吸収金額176.3億円)が大きくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多い点が懸念材料です。

よって、ラクスルのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。ラクスルIPOは、公開価格付近で初値形成すると予想していますが、公開価格を割れる可能性も無きにしも非ずだと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ラクスルIPOのその他情報はこちら

ラクスルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ラクスルIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。ラクスルIPOは規模が大きいため、主幹事以外の証券会社でもチャンスがありそうですが、公開価格割れのリスクもあるため、締切り直前まで悩んで決めたいと思います。

ラクスルIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券(主幹事) BB検討中
三菱UFJモルガン・スタンレー証券(主幹事) BB検討中
みずほ証券(主幹事) BB検討中
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB検討中
マネックス証券 BB検討中
カブドットコム証券 BB検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ