rakumo(4060)IPOの新規上場が承認されました。rakumo(ラクモ)IPOは、9月28日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、rakumoのIPO主幹事はみずほ証券が務めることになっています。9月のIPOはこれで7銘柄目となり、スケジュールもかなり密になってきましたね。

rakumo

rakumo(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名rakumo
コード4060(情報・通信業)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)東海東京証券
野村證券
SBI証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
丸三証券
岡三証券
東洋証券
水戸証券
楽天証券
松井証券
岡三オンライン証券
ライブスター証券
上場日9月28日
仮条件決定日9月4日(1,100円~1,250円に決定)
ブックビルディング期間9月8日から9月14日まで
公開価格決定日9月15日(1,250円に決定)
申込期間9月16日から9月23日まで
公募266,400株
売出し1.059,600株
OA198,900株
吸収金額16.8億円
時価総額58.2億円
想定価格1,100円→公開価格:1,250円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
rakumo(4060)IPO幹事のSBI証券

rakumoのIPO概要

rakumo(ラクモ)IPOは、グループウェアの「G Suite(旧 Google Apps)」と連携するクラウド型のオフィスツール「rakumo for G Suite」を提供しています。

また、rakumo(ラクモ)IPOはCRMの「Salesforce」と連携するクラウド型のオフィスツール「rakumo for Salesforce」も提供しています。

rakumo(ラクモ)IPOは、売出株の多さ(公募株の約4倍)が少し気になりますが、クラウド型のオフィスツールはIPO向きなので、事業面で注目されそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

rakumo(4060)IPOのその他情報はこちら

rakumoのIPO幹事団は、主幹事のみずほ証券を中心に、IPO取扱銘柄数がトップクラスのSBI証券や、100%完全抽選の楽天証券など、合計12社で構成されています。


IPOは100%完全抽選の楽天証券

また、岡三証券が幹事団入りしているので、同グループの岡三オンライン証券も委託幹事入りしそうですね。←正式に決定しました!

rakumo(4060)IPOの初値予想

rakumo(4060)IPOの初値予想は、仮条件決定後(9月4日以降)に追記させていただきます。

2,900円 (想定価格比:+1,800円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,200円~2,600円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,500円~2,900円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社