今年(2020年)は、すでにコーユーレンティアIPOジモティーIPOが新規承認されていますが、REIT(リート)IPOはまだ新規承認されていません。

例年通りなら、今月中に今年初のREIT(リート)IPOが新規承認されてもおかしくないので、参考までに昨年(2019年)新規上場したREIT(リート)IPOの初値と現況をチェックしてみました。

REIT(リート)IPO

2019年のREIT(リート)IPO初値結果
銘柄コード
銘柄名
上場日
主幹事
公開価格
初値価格
現在価格 騰落率
2971
エスコンジャパン
リート投資法人
2月13日
三菱UFJモルガン
・スタンレー証券
10.1万円
9.7万円
13.1万円 -3.8%
2972
サンケイリアル
エステート投資法人
3月12日
大和証券
10万円
9.7万円
12.8万円 -3%
2979
SOSiLA物流リート投資法人
12月10日
SMBC日興証券
10.3万円
11.3万円
12万円 9.2%

※騰落率={(初値価格-公開価格)÷公開価格}×100

※現在価格は2019年1月4日時点

REIT(リート)IPOで主幹事を務めることが多いSMBC日興証券
SMBC日興証券 オンライントレード

昨年のREIT(リート)IPOは、上記の3銘柄が新規上場しました。REIT(リート)IPOは、SOSiLA物流リート投資法人まで6連続で初値が公開価格を割れていましたが、最後の最後に連敗をストップさせて年を終えています。

また、初値が公開価格を割れたエスコンジャパンリート投資法人サンケイリアルエステート投資法人も、現在では公開価格を大幅に上回っているので、REIT(リート)は全般的に上向きと言えそうです。

今年は、どのようなREIT(リート)IPOが新規上場するか楽しみですね。ただ、REIT(リート)IPOは通常のIPOと異なりますので、初心者の方は注意して下さい。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

IPO(新規公開株)投資では、申し込める証券会社が多いほど当選確率もアップするので、この時期にまだ持っていない証券口座を開設して、3月以降のIPOラッシュに備えることをオススメします。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング