リックソフト(4429)IPOのBB(ブックビルディング)が、明日(2月8日)から始まります。リックソフトは、2月に新規上場するIPOの中で一番の値がさ株なので、上手くハマれば大きな利益が得られそうな銘柄です。

また、リックソフトは値がさだけに当選枚数も少なめなので、需給面でも注目されそうですね。

リックソフト

リックソフト(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名リックソフト
コード4429
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
SBI証券
岡三証券
いちよし証券
水戸証券
岡三オンライン証券
DMM.com証券
松井証券
上場日2月26日
仮条件決定日2月7日(3,840円~4,000円に決定)
ブックビルディング期間2月8日から2月15日まで
公開価格決定日2月18日(4,000円に決定)
申込期間2月19日から2月22日まで
公募76,900株
売出し179,100株
OA38,400株
吸収金額11.3億円
時価総額79.3億円
想定価格3,840円→公開価格:4,000円
初値価格9,050円

SMBC日興証券 オンライントレード

リックソフトIPOの事業内容

リックソフトは、「価値ある道具(ツール)」を世界中の多くの人が使えるようにすることを使命とし、調査・分析から設計・構築・稼働・運用に至る一連のサービスを提供するツールソリューション事業を主な事業として展開している企業です。

ライセンス&SIサービス業務では、主にAtlassian(アトラシアン)社のソフトウェア導入支援を行っています。また、リックソフトにはAtlassian製品の専任技術者が40名以上在籍しており、クライアントの様々な課題解決に動いています。

クラウドサービス業務では、Atlassian(アトラシアン)製品を最適に稼働させるためのクラウドサービス「RickCloud(リッククラウド)」などを提供しています。

ソフトウェア開発業務では、進捗管理ツール「WBSガントチャート for Jira」や、課題編集ツール「Excel-like Issue Editor for Jira」などを手掛けています。

リックソフトIPOの業績

リックソフトの業績

(※画像クリックで拡大)

リックソフトIPOの業績は、概ね好調に推移していて、今後も期待できそうですね。

リックソフトIPOの評価

リックソフトは、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株が少し気になりますが、マザーズへの単独上場で規模(吸収金額11.3億円)も大きくないため、それでも人気化すると思います。

また、ツールソリューション事業はIPOで人気になりやすく、業績が好調に推移していることからも関心を集めそうです。

よって、リックソフトのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。リックソフトIPOは初日値付かずも想定される強い初値形成になると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

リックソフトIPOのその他情報はこちら

リックソフトIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

リックソフトIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込む予定です。主幹事の大和証券はチャンス当選の可能性もあるので期待度が高まります。

また、IPOで主幹事や幹事を務めることが多いSMBC日興証券や、前受金不要(事前入金不要)の岡三オンライン証券松井証券も申込み必須ですね。

リックソフトIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
岡三証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
水戸証券 口座なし
岡三オンライン証券 BB参加
DMM.com証券 BB参加
松井証券 BB参加


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社