ROBOT PAYMENT(4374)IPOの仮条件が決まっています。ROBOT PAYMENTは、ネット関連の小型なマザーズIPOとして注目されています。

ROBOT PAYMENTは同時上場する4社の中では一番小型なので、資金分散の影響も一番小さそうですね。

ROBOT PAYMENT

ROBOT PAYMENT(4374)IPOの関連記事

ROBOT PAYMENTのIPO新規上場を承認!SBI証券が主幹事

ROBOT PAYMENTのIPO評価とBBスタンス!小型IPO

ROBOT PAYMENTのIPO仮条件

1,720円~1,860円

ROBOT PAYMENTのIPO仮条件は、想定価格の1,760円を挟んで上方へやや広いレンジになっています。ROBOT PAYMENTは当初から注目されていたので、無難な仮条件だと思います。

ちなみに、ROBOT PAYMENTのIPO公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は4.5億円から4.7億円にアップしますが、ほとんど変わりないですね。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
ROBOT PAYMENTのIPO主幹事のSBI証券

ROBOT PAYMENTのIPO初値予想

3,800円 (想定価格比:+2,040円)

(※大手予想会社の初値予想:3,300円~3,800円)

ROBOT PAYMENTは、IPOラッシュ中の4社同時上場ですが、その中で規模(吸収金額4.7億円)が一番小さいため、それでも需給面で人気を集めると思います。

また、インターネット決済サービスはIPOで人気になりやすく、クラウドサブスクというテーマ性もあるため、事業面でも注目されそうです。

ただ、ROBOT PAYMENTはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(64.7万株)が多く、大株主を含め公開価格の2倍でロックアップが解除されます。

よって、ROBOT PAYMENTは公開価格の約2倍に当たる3,800円を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

ROBOT PAYMENTのIPO幹事団

ROBOT PAYMENTのIPO幹事団
主幹事証券 SBI証券
幹事証券 野村證券
大和証券
松井証券
楽天証券
岩井コスモ証券
東海東京証券
極東証券
東洋証券
あかつき証券
SBIネオモバイル証券
SBIネオトレード証券

ROBOT PAYMENTのIPO幹事団は小型なわりに大所帯なので、主幹事のSBI証券はもとより、松井証券などの平幹事もしっかりと申し込んで、少しでも当選確率をアップさせたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社