Sansan(4443)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の6月3日からスタートします。

Sansanは、「早く言ってよ~」のCMでお馴染みの法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を運営している企業として注目されているようです。

また、Sansanは日本グランデとの同時上場になりますが、日本グランデは札証の超小型IPOなので、ほとんど影響ないと思います。

Sansan

Sansan(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Sansan
コード4443
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
大和証券
みずほ証券
SBI証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
楽天証券
マネックス証券
極東証券
カブドットコム証券
上場日6月19日
仮条件決定日5月30日(4,000円~4,500円に決定)
ブックビルディング期間6月3日から6月6日まで
公開価格決定日6月7日(4,500円に決定)
申込期間6月11日から6月14日まで
公募500,000株
売出し7,010,000株
OA1,126,500株
吸収金額352億円
時価総額1,219.7億円
想定価格4,075円 (想定仮条件3,650円~4,500円の平均価格)
→公開価格:4,500円
初値価格4,760円

SMBC日興証券 オンライントレード

Sansan(4443)IPOの事業内容

Sansanは、名刺をデータ化し、人と人のつながりを情報として可視化・共有できる、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」を提供しています。

また、Sansanはソーシャル・ネットワーキング・サービスの仕組みを取り入れ、名刺をビジネスのつながりに変える名刺アプリ「Eight」も運営しています。

クラウド型の名刺管理サービス「Sansan」は、2019年5月期第3四半期末で契約件数5,738件、名刺管理サービス市場で81.9%(2017年時点)のシェアを獲得しています。

Sansanのシェアと契約件数の推移

(※画像クリックで拡大)

また、Sansanは直近12か月平均の月次解約率が1.0%以下(2019年 5月期第 3四半期末時点では0.73%)に留まっています。

Sansanの直近12か月平均月次解約率

(※画像クリックで拡大)

名刺アプリ「Eight」は、手軽に名刺管理ができるサービスとして2019年5月期第3四半期末で、235万人のユーザーを有しています。

Sansan(4443)IPOの業績

Sansanの業績

(※画像クリックで拡大)

Sansan(4443)IPOの売上は右肩上がりで伸びていますが、利益は完全な赤字なので、業績面に不安を感じますね。

SansanのIPO評価

Sansanは、規模(想定仮条件の平均価格ベースで352億円)の大きさ、売出株(7,010,000株)の多さ、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株の多さ、業績赤字など、懸念材料が目に付きます。

ただ、Sansanは大量にCMが流されていたこともあって知名度が高く、IPO候補として度々取り上げられていたこともあり、注目度は抜群だと思います。

よって、SansanのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。Sansanは、IPOで人気の事業内容だと思いますが、需給面や業績面で警戒されそうなので、現時点では公開価格を目途に初値形成するのが精一杯だと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Sansan(4443)IPOのその他情報はこちら

Sansan(4443)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

Sansan(4443)IPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。Sansanは当選枚数が多いので、主幹事の野村證券だけでなく、100%完全抽選のマネックス証券楽天証券などでもチャンスがありそうです。

ただ、Sansan(4443)IPOは初値が公開価格を割れる可能性もありそうなので、BB(ブックビルディング)締切り直前まで悩んで決めたいと思います。

Sansan(4443)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) 検討中
SMBC日興証券 検討中
大和証券 検討中
みずほ証券 検討中
SBI証券 BB参加
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 検討中
楽天証券 検討中
マネックス証券 検討中
極東証券 口座なし
カブドットコム証券 検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング