SBIリーシングサービス(5834)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の10月3日から始まります。

SBIリーシングサービスはオペレーティング・リース商品を組成・販売しています。

SBIリーシングサービスは親子上場SBIホールディングス(8473)の子会社)で規模も大きいため、需給面に不安がありますね。

SBIリーシングサービス

SBIリーシングサービス(東証グロースIPO)のIPO基本情報

銘柄名SBIリーシングサービス
コード5834(証券、商品先物取引業)
主幹事証券大和証券
みずほ証券
SBI証券
幹事証券(委託含む)SMBC日興証券
松井証券
岩井コスモ証券
極東証券
SBIネオトレード証券
上場日10月19日
仮条件決定日9月30日(2,800円~2,980円に決定!)
ブックビルディング期間10月3日から10月7日
公開価格決定日10月11日(2,980円に決定!)
申込期間10月12日から10月17日まで
公募350,000株
売出し1,850,000株
OA330,000株
吸収金額75.4億円
時価総額221.9億円
想定価格2,980円→公開価格:2,980円
初値価格3,300円

SBI証券[旧イー・トレード証券]

SBIリーシングサービスIPOの事業内容

SBIリーシングサービスは、主に航空機、船舶等を対象としたオペレーティング・リース事業に投資するファンド(JOL・JOLCO)を組成し、地域金融機関、税理士・会計士等と連携して、株式、債券などの伝統的な有価証券投資とは異なる投資効果を有する金融商品の販売を行っています。

SBIリーシングサービスのビジネスについて

JOL投資はリース料及びリース満了時のリース物件売却によるキャピタルゲインの獲得を図る実物資産投資商品になっています。

JOLスキーム概要

JOLスキーム概要

JOLCO投資は主に法人税の繰延効果及びリース満了時のリース物件売却によるキャピタルゲインの獲得を図る小口化商品になっています。

JOLCOスキーム概要

JOLCOスキーム概要

SBIリーシングサービスは、SBIグループの拠点や営業体制を活用した全国販売網により更なる成長の加速を図っています。

SBIグループの拠点

優良顧客を抱える有力パートナーとのリレーション強化が奏功した結果、出資金等販売金額が拡大し、少ない従業員数で効率性の高い事業運営体制を実現しています。

IPOによる手取金の使途

  1. ファンド組成時に必要となる販売用航空機の購入資金

SBIリーシングサービスIPOの業績

SBIリーシングサービスの業績

(※画像クリックで拡大)

SBIリーシングサービスIPOの業績は急激に伸びていて好調そうです。

SBIリーシングサービスのIPO評価

SBIリーシングサービスは規模(吸収金額75.4億円)が大きいだけでなく、親子上場SBIホールディングス(8473)の子会社)で売出株も多いため、需給面で警戒されそうです。

また、SBIリーシングサービスの事業内容もIPOで人気とは言えませんが、業績は急激に伸びているため、それでも事業面で関心を集めるかもしれません。

よって、SBIリーシングサービスのIPO評価はDが妥当だと考えています。SBIリーシングサービスIPOは公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SBIリーシングサービスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

SBIリーシングサービスIPOのBB(ブックビルディング)は今のところ検討中です。ただし、SBI証券は抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるので必ず申し込むつもりです。

SBIリーシングサービスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB検討中
みずほ証券 (主幹事) BB検討中
SBI証券 (主幹事) BB参加
SMBC日興証券 BB検討中
松井証券 BB検討中
岩井コスモ証券 BB検討中
極東証券 口座なし

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング