SBIインシュアランスグループ(7326)IPOの仮条件が決まっています。SBIインシュアランスグループは、マザーズにしては規模が大きいため、かなり警戒されると思います。

また、SBIインシュアランスグループは3社同時上場で、今のところIPOの地合いがあまり良くないことも懸念材料です。

SBIインシュアランスグループ

SBIインシュアランスグループIPOの関連記事

SBIインシュアランスグループIPOのBBスタンスとIPO評価!マザーズの大型IPO!

SBIインシュアランスグループIPOの新規上場を承認!みずほ主幹事!

SBIインシュアランスグループIPOの仮条件

1,800円~2,160円

SBIインシュアランスグループIPOの仮条件は、想定価格の2,160円を上限に下方へ大きく拡げたレンジで設定されています。

SBIインシュアランスグループIPOは、以前から需給面に不安があったので、やや弱めの仮条件も想定内です。ただし、公開価格が仮条件の上限で決まらなかった場合は、さらに不安感が増しますね。


SBI証券のIPOルール

SBIインシュアランスグループIPOの初値予想

2,160円 (想定価格比:±0円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:2,400円~2.700円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:2,160円~2,400円)

SBIインシュアランスグループIPOは、やはり規模(吸収金額141.8億円)の大きさが気になります。また、想定価格(2,160円)もやや高い気がしますね。

SBIグループの知名度は高いと思いますが、3社同時上場保険事業もIPOで人気とは言えない点も考慮すると、公開価格と同値程度で初値形成するのが精一杯だと思います。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SBIインシュアランスグループIPOのその他初値予想はこちら

SBIインシュアランスグループIPOの幹事団

SBIインシュアランスグループIPOの幹事団
主幹事証券 みずほ証券
幹事証券 SBI証券

SBIインシュアランスグループIPOは、主幹事のみずほ証券よりも、平幹事のSBI証券の方が抽選配分数が多いので、ブロードバンドセキュリティIPOと同じパターンですね。

ただ、SBIインシュアランスグループIPOは初値が公開価格を割れる可能性もあるため、慎重に判断した方が良いと思います。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社