Sharing Innovations(4178)IPOの新規上場が承認されました。Sharing Innovations(シェアリングイノベーションズ)IPOは、3月24日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、Sharing InnovationsのIPO主幹事はSBI証券が務めることになっています。

Sharing Innovationsは、昨日新規承認されたシキノハイテックとの同時上場になります。

Sharing Innovations

Sharing Innovations(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名Sharing Innovations
コード4178(情報・通信業)
主幹事証券SBI証券
幹事証券(委託含む)野村證券
みずほ証券
SMBC日興証券
エース証券
岩井コスモ証券
松井証券
SBIネオトレード証券
上場日3月24日
仮条件決定日3月5日(2,670円~2,850円に決定)
ブックビルディング期間3月9日から3月15日まで
公開価格決定日3月16日
申込期間3月17日から3月22日まで
公募50,000株
売出し985,000株
OA25,800株
吸収金額28.3億円
時価総額99.1億円
想定価格2,670円
初値価格初値決定後に追記

SBI証券[旧イー・トレード証券]
Sharing InnovationsのIPO主幹事のSBI証券

Sharing InnovationsのIPO概要

Sharing Innovationsは、デジタルトランスフォーメーション(DX)事業としてシステムソリューションとクラウドインテグレーションを展開しています。

また、Sharing Innovationsはプラットフォーム事業としてアプリケーションの企画・開発・運営もおこなっています。

Sharing Innovationsは、Orchestra Holdings(6533)が親会社なので、いわゆる親子上場になります。

Sharing Innovationsは中規模(吸収金額28.3億円)で売出株(985,000株)が多く、親子上場というもの少し気になりますが、個人投資家に人気のSBI証券が主幹事で、DX(デジタルトランスフォーメーション)というテーマ性もあるため、それでもそれなりに期待できそうですね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

Sharing InnovationsのIPO幹事団は、主幹事のSBI証券をはじめ、IPO幹事常連のSMBC日興証券松井証券などの8社で構成されています。


松井証券のIPOは前受金不要(事前入金不要)

Sharing InnovationsのIPO初値予想

Sharing InnovationsのIPO初値予想は、仮条件決定後(3月5日以降)に追記させていただきます。

6,000円 (想定価格比:+3,330円)

(※大手予想会社の初値予想:4,700円~5,500円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社