SIG(4386)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の6月4日から開始されます。SIGはジャスダック市場への新規上場ですが、IT関連の小型なIPOということで人気を集めると思います。

また、SIGはZUUコーア商事ホールディングスとの3社同時上場ですが、どれも規模が小さめなので十分にこなせそうです。

SIG

SIG(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名SIG
コード4386
主幹事証券岡三証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
SMBC日興証券
みずほ証券
いちよし証券
極東証券
東洋証券
岡三オンライン証券
上場日6月21日
仮条件決定日5月31日(1,600円~2,000円に決定)
ブックビルディング期間6月4日から6月8日まで
公開価格決定日6月11日(2,000円に決定)
申込期間6月13日から6月18日まで
公募150,000株
売出し148,000株
OA44,700株
吸収金額6.9億円
時価総額35.9億円
想定価格2,000円→公開価格:2,000円
初値価格4,665円

SIG(4386)IPOの事業内容

SIGは、官公庁・地方公共団体等の公共事業や金融・サービス業向けなど、様々な分野においてシステム開発事業を展開しています。

具体的には、共済・国保・国民年金及び人事給与等の公共事業向けシステム、電子部品装着用製造装置等の産業ロボット向け組込みシステム、文教向けの証明書自動発行システムなどの開発を行っています。

また、SIGはインフラ・セキュリティサービス事業として、情報を管理する各種サーバーやストレージ等の機器構成だけでなく、ネットワーク・データベース・バックアップ等の設計・構築から導入支援や運用管理まで行うITインフラソリューションと、セキュリティ商材の販売から設計・構築・保守・運用までの一元的なサービスを提供するセキュリティサービスも展開しています。

SIG(4386)IPOの業績

SIGの業績

(※画像クリックで拡大)

SIGの業績は、概ね堅調に推移していて、特に問題なさそうです。

SIGのIPO評価

SIGは規模(吸収金額6.9億円)が小さくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、かなりの人気を集めると思います。

3社同時上場なのは残念ですが、どの銘柄もそれほど規模が大きくないので、あまり心配する必要はなさそうです。

よって、SIGのIPO評価はAが妥当だと考えています。SIGのIPOは、公開価格の2倍を超える高い初値が付くと予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SIG(4386)IPOのその他情報はこちら

SIG(4386)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス

SIG(4386)IPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込むつもりです。主幹事の岡三証券をはじめ、IPO幹事常連のSBI証券SMBC日興証券など、幹事証券ももれなく申し込みたいと思います。

SIG(4386)IPOのBB(ブックビルディング)スタンス
岡三証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
みずほ証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
極東証券 口座なし
東洋証券 ネット口座での取扱いなし
岡三オンライン証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ