シルバーエッグ・テクノロジー(3961)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の木曜日(9月8日~9月14日)から開始されます。

シルバーエッグ・テクノロジーIPOは、チェンジIPOとの同時上場になってしまったのが残念です。しかし、どちらも小型のIPOなので、需給面に問題はなさそうです。

シルバーエッグ・テクノロジー

シルバーエッグ・テクノロジー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名シルバーエッグ・テクノロジー
コード3961
主幹事証券大和証券
幹事証券みずほ証券
SBI証券
松井証券
上場日9月27日
仮条件決定日9月6日(850円~900円に決定)
ブックビルディング期間9月8日から9月14日まで
公開価格決定日9月15日(900円に決定)
申込期間9月16日から9月23日まで
公募320,000株
売出し200,000株
OA78,000株
吸収金額5.1億円
想定価格850円


↑シルバーエッグ・テクノロジーIPOで幹事を務めるSBI証券↑

シルバーエッグ・テクノロジーIPOの事業内容

シルバーエッグ・テクノロジーは、AI(人工知能)を用いたマーケティング支援事業(AI技術をベースにしたレコメンド技術及び、それをベースとしたウェブマーケティング・サービスの開発・提供)を手掛けている企業です。

シルバーエッグ・テクノロジーの主なサービスの特徴は、レコメンドエンジン「アイジェント」の活用による「リアルタイム解析」と「パーソナライズ・ターゲティング」です。

ちなみに、アイジェントとはリアルタイムでユーザーの行動履歴(購買と閲覧)を分析し、次のニーズを自動で予測する、シルバーエッグ・テクノロジー独自開発の技術です。

要は、ユーザーの行動データをリアルタイムで分析し、個々の嗜好にマッチしたオススメ商品、ランキング情報、バナー広告などを、PC、モバイル、タブレットなどの様々なデバイス内で表示するシステムですね。

シルバーエッグ・テクノロジーIPOの業績

シルバーエッグ・テクノロジーの業績

(※画像クリックで拡大)

シルバーエッグ・テクノロジーIPOの業績は、右肩上がりで順調に推移しているようです。

シルバーエッグ・テクノロジーのIPO評価

シルバーエッグ・テクノロジーIPOは、規模(吸収金額5.1億円)が小さく、想定価格(850円)も買いやすい価格なので、間違いなく人気を集めそうです。

また、シルバーエッグ・テクノロジーIPOの事業内容は、AI(人工知能)をベースにしているため、そのテーマ性からも注目されそうです。

よって、シルバーエッグ・テクノロジーのIPO評価はAが妥当だと考えています。シルバーエッグ・テクノロジーIPOは、初値が跳ねやすい条件が揃っており、初日値付かずの可能性も想定される銘柄だと思います。


にほんブログ村

シルバーエッグ・テクノロジーIPOのその他情報はこちら

シルバーエッグ・テクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

シルバーエッグ・テクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で申し込む予定です。

シルバーエッグ・テクノロジーIPOの幹事団は、大和証券、みずほ証券、SBI証券の3社だけなので、全てに申し込むのがベストですね。

シルバーエッグ・テクノロジーIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加


↑SBI証券の公式サイト↑

10月には、大型なJR九州IPOの新規上場が控えているので、今のうちに口座数を増やして、複数当選を目指しましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ