スローガン(9253)IPOの仮条件が決まっています。スローガンIPOは規模が小さいため、需給面で注目されています。

個人投資家の初値買い意欲は依然として芳しくありませんが、12月のIPOラッシュに向けて少しでも良い初値を付けてほしいですね。

スローガン

スローガンIPOの関連記事

スローガンIPOの新規上場を承認!日興証券とマネックスが共同主幹事

スローガンIPOのBBスタンスとIPO評価!人材創出IPO

スローガンIPOの仮条件

1,020円~1,200円

スローガンIPOの仮条件は、想定価格の1,020円を下限に上方へ大きく拡げて設定されています。

スローガンIPOは小型なので強気の仮条件になったようですが、このところの地合いを考えると、もう少し控え目でも良かった気がしますね。

ちなみに、スローガンIPOの公開価格が仮条件の上限で決まると、吸収金額は5.9億円から6.9億円にアップします。


スローガンIPO共同主幹事のマネックス証券

スローガンIPOの初値予想

1,800円 (想定価格比:+780円)

(※大手予想会社の初値予想第一弾:1,500円~1,700円)

(※大手予想会社の初値予想第二弾:1,600円~1,800円)

スローガンIPOは、売出株ゼロの公募株のみで規模(吸収金額6.9億円)も小さいため、需給面で人気を集めると思います。

また、人材関連事業はIPOで安定した人気があるため、事業面でもそれなりに注目されそうです。

ただ、スローガンIPOはVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が約67万株あるため、VCのロックアップが解除される公開価格の1.5倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スローガンIPOの幹事団

スローガンIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
マネックス証券
幹事証券 いちよし証券
みずほ証券
SBI証券
岡三証券
松井証券
丸三証券
極東証券
楽天証券
岡三オンライン証券

スローガンIPOの幹事団は、共同主幹事のSMBC日興証券マネックス証券をはじめ、ネットから申し込める証券会社ばかりなので、もれなく申し込んで当選を狙いたいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社