スマレジ(4431)IPOの仮条件が発表されました。スマレジIPOは、これから需要拡大が期待されるPOSレジ・システムを提供していることで注目されているようです。

スマレジは2月最後のIPOなので、良い形で締めくくって、3月のIPOラッシュにつなげてほしいですね。

スマレジ

スマレジIPOの関連記事

スマレジIPOのBBスタンスとIPO評価!POSレジ関連IPO!

スマレジIPOの新規上場を承認!主幹事は大和証券!

スマレジIPOの仮条件

1,200円~1,370円

スマレジIPOの仮条件は、想定価格の1,370円を上限に下方へ拡げたレンジになっています。スマレジIPOは、規模(吸収金額24.1億円)がそれなりにあるため、やや弱めの仮条件も想定の範囲内です。

個人的には、もう少し強めの仮条件になるかと思っていましたが、上限で決まれば想定価格通りなので、特に問題ないと思います。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOルール

スマレジIPOの初値予想

2,400円 (想定価格比:+1,030円)

(※大手予想会社の初値予想:2,000円~3,000円)

スマレジIPOは、今が旬のPOSレジ事業を展開しており、クラウドキャッシュレスというIPO向きのテーマ性でも人気を集めると思います。

ただ、スマレジIPOはフロンティアインターナショナルIPOとの同時上場というだけでなく、規模(吸収金額24.1億円)の大きさとVC(ベンチャーキャピタル)の保有株(807,000株)も気になります。

よって、スマレジIPOは公開価格の1.5倍を超えたあたりで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スマレジIPOのその他初値予想はこちら

スマレジIPOの幹事団

スマレジIPOの幹事団
主幹事証券 大和証券
幹事証券 野村證券
SBI証券
SMBC日興証券
エース証券
DMM.com証券

主幹事の大和証券は、個人的に何度か当選(チャンス当選含む)したことがあるので、かなり期待しています。

また、IPO幹事常連のSBI証券SMBC日興証券も押さえておきたいところです。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社