スマレジ(4431)IPOが、明日(2月28日)東証マザーズ市場へ新規上場します。スマレジIPOは、キャッシュレスという国策ともマッチするPOSレジ・システム「スマレジ」を手掛けていることで関心を集めているようです。

スマレジIPOはフロンティアインターナショナルIPOとの同時上場ですが、スマレジIPOの方が人気を集めそうなので、あまり心配する必要はないと思います。

スマレジ

スマレジIPOの過去記事

スマレジとフロンティアインターナショナルのIPO抽選結果!

スマレジIPOの配分数!主幹事の大和証券が90%占める!

スマレジIPOのBBスタンスとIPO評価!POSレジ関連IPO!

スマレジIPOの新規上場を承認!主幹事は大和証券!

スマレジIPO上場直前の初値予想

2,400円 (公開価格比:+1,030円)

(※大手予想会社の初値予想:2,000円~3,000円)

(※大手予想会社の初値予想最終版:2,500円)

※主幹事証券会社の引受価格:1,260.40円

スマレジIPO上場直前の初値予想は、仮条件決定時にアップしていた2,400円で据え置きたいと思います。

スマレジIPOは、巷でも話題になるケースが増えているクラウド型POSレジ・システムを開発・販売していることで人気を集めると思います。

また、スマレジIPOはキャッシュレスクラウドというテーマ性でも注目されそうです。

しかし、スマレジIPOはやや規模(吸収金額24.1億円)が大きくて、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も多い点が懸念材料です。

ただ、スマレジIPOは注目度が高いため、VCのロックアップが解除される公開価格の1.5倍はクリアし、公開価格の1.8倍前後で初値形成すると予想しています。

SMBC日興証券 オンライントレード
口座開設でIPO優遇特典ゲット!

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スマレジIPOのその他初値予想はこちら

スマレジIPO初値決定前の気配運用

スマレジIPO初値決定前の気配上限値段は、公開価格比2.3倍の3,155円で、更新値幅69円の更新時間10分になります。

また、気配下限値段は公開価格比0.75倍の1,028円で、下限の値幅は通常の更新値幅で更新時間は3分になります。

そして、注文受付価格の範囲は、343円以上で5,480円以下となります。

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング