スマート・ソリューション・テクノロジー(6598)IPOの新規上場が承認されました。スマート・ソリューション・テクノロジーIPOは、4月23日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

また、スマート・ソリューション・テクノロジーIPOの主幹事はみずほ証券が務めることになっています。

本日は、後ほどご紹介するSANEI(6230)IPOも新規承認されています。まさは、本日もIPOが2銘柄も新規承認されるとは思いもしませんでした。どうやら、地合いは全く考慮されないようですね。

※上場中止になりました!

スマート・ソリューション・テクノロジー

スマート・ソリューション・テクノロジー(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名スマート・ソリューション・テクノロジー
コード6598(電気機器)
主幹事証券みずほ証券
幹事証券(委託含む)野村證券
いちよし証券
SBI証券
楽天証券
上場日4月23日(上場中止
仮条件決定日4月3日
ブックビルディング期間4月7日から4月13日まで
公開価格決定日4月14日
申込期間4月15日から4月20日まで
公募340,000株
売出し40,000株
OA57,000株
吸収金額4.7億円
時価総額12.7億円
想定価格1,070円
初値価格上場中止


スマート・ソリューション・テクノロジーIPO幹事の楽天証券

スマート・ソリューション・テクノロジーIPOの概要

スマート・ソリューション・テクノロジーIPOは、勤怠管理システムの非接触ICカード打刻端末や、経費精算システムの交通系カード情報の読取り端末として利用されているSmart端末「ピットタッチシリーズ」の販売を行っています。

また、スマート・ソリューション・テクノロジーIPOはSmart端末「ピットタッチシリーズ」と連携した、「ZeetleCS(デジタルカード統合サービス)」等の店舗向けO2O(Online to Offline)サービスも提供しています。

さらに、スマート・ソリューション・テクノロジーIPOは独自音通信技術を用いたプラットフォーム「SmartSound Technology PF」のライセンス及びセキュリティサービスの提供も行っています。

スマート・ソリューション・テクノロジーIPOは規模(吸収金額4.7億円)が小さくて、事業内容もIPO向きなので、地合いさえ良ければ人気を集めそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スマート・ソリューション・テクノロジーIPOのその他情報はこちら

スマート・ソリューション・テクノロジーIPOの幹事団は、主幹事のみずほ証券を中心に、IPOチャレンジポイントでも当選が狙えるSBI証券や、100%完全抽選の楽天証券などの5社で構成されています。

SBI証券[旧イー・トレード証券]
SBI証券のIPOチャレンジポイント解説

スマート・ソリューション・テクノロジーIPOの初値予想

スマート・ソリューション・テクノロジーIPOの初値予想は、仮条件決定後(4月3日以降)に追記させていただきます。

-円


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社