カブドットコム証券岡三オンライン証券がソフトバンクIPOの委託幹事に決定しました。ソフトバンクIPOは、早くもCMが放映されるほどの大注目IPOなので、申し込める証券会社が増えるのは朗報です。

ソフトバンク

ソフトバンクIPOの基本情報

銘柄名ソフトバンク
コード9434
主幹事証券野村證券
大和証券
みずほ証券
SMBC日興証券
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
SBI証券
幹事証券(委託含む)岡三証券
東海東京証券
岩井コスモ証券
水戸証券
西日本シティTT証券
松井証券
マネックス証券
あかつき証券
カブドットコム証券
岡三オンライン証券
上場日12月19日
仮条件決定日11月30日(1,500円に決定)
ブックビルディング期間12月3日から12月7日まで
公開価格決定日12月10日(1,500円に決定)
申込期間12月11日から12月14日まで
公募0株
売出し1,603,693,700株
(国内:1,427,287,400株
海外:176,406,300株)
OA160,369,400株
吸収金額2兆6461億円
時価総額7兆1807億円
想定価格1,500円→公開価格:1,500円
(購入必要額:150,000円
初値価格初値決定後に追記

ソフトバンクIPOは、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同主幹事に名を連ねているので、同じグループとして委託幹事入りしたカブドットコム証券が穴場になるかもしれません。

また、幹事団に名を連ねている岡三証券と同じグループとして委託幹事入りした岡三オンライン証券は、前受金不要(事前入金不要)でIPOに申し込めるので助かりますね。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

話は変わりますが、先日ソフトバンクIPOで共同主幹事を務める各証券会社のおよその引受金額が報じられました。

ソフトバンクの新規上場による国内外での売り出しで、野村ホールディングスが主幹事団で最大となる6300億円規模の株式を引き受けることが複数の関係者への取材で分かった。

大和証券グループ本社が続く。関係者によれば、大和証Gの引き受け総額は4500億円程度になる見通し。

国内と海外の合計でみずほフィナンシャルグループと三井住友フィナンシャルグループも4000億円程度、三菱UFJフィナンシャル・グループは3000億円超を引き受けるもよう。

主幹事団にはSBIホールディングス傘下のオンライン証券であるSBI証券が入った。関係者への取材によれば、1500億円超を引き受ける。

ソフトバンクIPOは上記の報道通りなら、共同主幹事の中で一番引受金額の少ないSBI証券でも約1500億円なので、どこからでも当選が狙えそうです。

ソフトバンクIPOのような超大型IPOでは、複数当選できるかがポイントになるので、野村證券大和証券SMBC日興証券みずほ証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券SBI証券を中心に、委託幹事入りしたカブドットコム証券岡三オンライン証券まで、幅広く申し込むのがベストだと思います。


ソフトバンクIPO主幹事のSMBC日興証券


IPO・新規公開株ランキング

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング