ソウルドアウト(6553)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(6月23日)からスタートします。ソウルドアウトは、前後のIPOと程良く間隔が空いているので、スケジュールに恵まれていますね。

また、ソウルドアウトは7月のIPO第一弾ということから、注目度も高まりそうなので、それなりに期待出来そうです。

ソウルドアウト

ソウルドアウト(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名ソウルドアウト
コード6553
主幹事証券三菱UFJモルガン・スタンレー証券
幹事証券(委託含む)いちよし証券
SMBC日興証券
SBI証券
松井証券
マネックス証券
カブドットコム証券
上場日7月12日
仮条件決定日6月21日(1,080円~1,200円に決定)
ブックビルディング期間6月23日から6月29日まで
公開価格決定日6月30日(1,200円に決定)
申込期間7月4日から7月7日まで
公募410,000株
売出し1,914,000株
OA348,600株
吸収金額28.9億円
想定価格1,080円
初値価格2,113円

ソウルドアウトIPOの事業内容

ソウルドアウトは、地方及び中堅・中小企業のネットビジネス事業を拡張させる事を存在意義とし、「Webマーケティング支援」「HR支援]「IT化支援」サービスを通じて、ネットビジネス支援事業を展開しています。

Webマーケティング支援では、ネット販促支援、ネット事業の成長加速支援、ネット販売代行・EC支援など、中小・ベンチャー企業の課題やステージに応じたサービスを提供しています。

また、広告会社向けに手軽で高品質なネット広告運用サービス等の提供も行っています。

HR支援では、専門性が高くて変化の激しいWebマーケティングのスキルやノウハウを体系化して実戦的に学べる研修サービスや、企業のステージに応じて必要なWebマーケティング人材の採用を支援するサービスを提供しています。

IT化支援では、Webマーケティングを通じて売上を上げる際に発生する業務を効率化・自動化するためのITツールの開発および導入を支援しています。

ちなみに、ソウルドアウトは大株主のオプトホールディングスグループ(2389)に所属しており、ヤフー株式会社(4689)と業務提携しています。

ソウルドアウトIPOの業績

ソウルドアウトの業績

(※画像クリックで拡大)

ソウルドアウトの業績は、概ね好調に推移していて、特に問題ないと思います。

ソウルドアウトのIPO評価

ソウルドアウトは、IT系のマザーズIPOで業績も堅調なため、それなりの人気を集めそうです。

ただし、ソウルドアウトは想定価格ベースで28.9億円と規模が大きく、売出株も多いことが懸念材料です。

よって、ソウルドアウトのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。ソウルドアウトは初値高騰とまではいかないまでも、それなりの利益が得られると予想しています。


にほんブログ村

ソウルドアウトIPOのその他情報はこちら

ソウルドアウトIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

ソウルドアウトIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で申し込む予定です。ソウルドアウトIPOは、比較的当選枚数が多めなので、主幹事の三菱UFJモルガン・スタンレー証券だけでなく、SMBC日興証券マネックス証券などの平幹事でも当選のチャンスがありそうです。

また、主幹事が三菱UFJモルガン・スタンレー証券なので、同グループのカブドットコム証券が穴場になるかもしれませんね。

ソウルドアウトIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
三菱UFJモルガン・スタンレー証券 (主幹事) BB参加
いちよし証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
SBI証券 BB参加
松井証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
カブドットコム証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社