スペースマーケット(4487)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の12月5日から開始されます。

スペースマーケットは、レンタルスペースや貸し会議室が簡単に予約できるwebサービス「SPACEMARKET(スペースマーケット)」を運営していることで関心を集めているようです。

ただ、スペースマーケットはファンペップINCLUSIVEとの3社同時上場になるので、多かれ少なかれ資金分散の影響を受けそうですね。

スペースマーケット

スペースマーケット(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名スペースマーケット
コード4487
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)みずほ証券
SBI証券
SMBC日興証券
松井証券
マネックス証券
いちよし証券
エース証券
岩井コスモ証券
上場日12月20日
仮条件決定日12月4日(520円~590円に決定)
ブックビルディング期間12月5日から12月11日まで
公開価格決定日12月12日
申込期間12月13日から12月18日まで
公募520,000株
売出し1,274,700株
OA269,200株
吸収金額10.7億円
時価総額58.3億円
想定価格520円
初値価格初値決定後に追記

スペースマーケットIPOの事業内容

スペースマーケットは、会議室からスポーツ施設や映画館まで、誰でもパソコンやスマートフォンで簡単にスペースを貸し借りできる「SPACEMARKET(スペースマーケット)」を運営しています。

スペースマーケットのビジネスモデル

スペースマーケットに掲載されているスペースは全国47都道府県にわたり、その数は11,900件を超えています。

住宅、会議室、セミナー会場、飲食店、スポーツ施設はもちろんのこと、廃校、お寺、お城などの今までは借りることのできなかったユニークなスペースも借りることができます。

また、スペースマーケットはスペースの利用に付随するイベントの企画・集客・決済すべてを支援するWebサービス「スペースマーケットEVENT」を提供しています。

さらに、スペースマーケットは社員の予約・利用・支払いを「企業・部署・チーム単位」で簡単に管理できるスペースマーケット法人向け管理サービス「スペースマーケットBUSINESS」も提供しています。

スペースマーケットIPOの業績

スペースマーケットの業績

(※画像クリックで拡大)

スペースマーケットIPOの売上は、理想的な右肩上がりで絶好調といった感じですが、利益はようやく黒字化が見えてきたところなので、今後に注目ですね。

スペースマーケットのIPO評価

スペースマーケットは、規模(吸収金額10.7億円)が大きいわけではありませんが、3社同時上場なので需給面に少し不安があります。

また、スペースマーケットは売出株とVC(ベンチャーキャピタル)の保有株が多いことでも警戒されそうです。

ただ、遊休スペースのレンタル事業は、似たようなビジネススタイルのティーケーピー(3479)がIPO時に好スタートを切ったことから印象が良く、価格も手ごろなので、それなりの評価を得られそうです。

よって、スペースマーケットのIPO評価は、Bが妥当だと考えています。スペースマーケットIPOは、公開価格をある程度上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スペースマーケットIPOのその他情報はこちら

スペースマーケットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

スペースマーケットIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で申し込むつもりです。

主幹事の大和証券は当然ながら、平幹事のマネックス証券松井証券なども、もれなく申し込んで当選を狙いたいと思います。

スペースマーケットIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
大和証券 (主幹事) BB参加
みずほ証券 BB参加
SBI証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
松井証券 BB参加
マネックス証券 BB参加
いちよし証券 BB参加
エース証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング