スポーツフィールド(7080)IPOの仮条件が決まっています。スポーツフィールドIPOは、マザーズの小型IPOなので、かなりの人気を集めそうです。

また、スポーツフィールドは今年最後のIPOになるので、良い形で締めくくってほしいですね。

スポーツフィールド

スポーツフィールドIPOの関連記事

スポーツフィールドIPOのBBスタンスとIPO評価!スポーツ人財IPO!

スポーツフィールドIPOの新規上場を承認!日興証券が主幹事!

スポーツフィールドIPOの仮条件

2,570円~2,730円

スポーツフィールドIPOの仮条件は、想定価格の2,650円を真ん中に挟んで設定されています。スポーツフィールドは当初から関心を集めていたので妥当な仮条件だと思います。

ちなみに、スポーツフィールドIPOの公開価格が仮条件の上限で決まった場合、吸収金額は9.2億円から9.5億円にアップしますが、それでも小型ですね。

SMBC日興証券 オンライントレード
SMBC日興証券の新規口座開設でIPO当選確率アップ!

スポーツフィールドIPOの初値予想

5,500円→7,000円 (公開価格比:+4,270円)

(※大手予想会社の初値予想:4,500円~5,500円)

スポーツフィールドIPOは、マザーズへの単独上場で規模(吸収金額9.5億円)も小さいため、需給面で人気を集めると思います。

また、スポーツフィールドは今年最後のIPOで地合いが良いことも追い風になりそうです。

さらに、スポーツ人財に特化した事業はユニークで、業績が好調に推移していることからも関心を集めそうです。

よって、スポーツフィールドIPOは公開価格の2倍を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スポーツフィールドIPOのその他初値予想はこちら

スポーツフィールドIPOの幹事団

スポーツフィールドIPOの幹事団
主幹事証券 SMBC日興証券
幹事証券 SBI証券
いちよし証券
岩井コスモ証券
エース証券
東洋証券
極東証券
マネックス証券
松井証券
ライブスター証券

スポーツフィールドは今年最後のIPOなので、主幹事のSMBC日興証券をはじめ、SBI証券マネックス証券などの平幹事ももれなく申し込みながら全力で当選を目指したいですね。


IPO・新規公開株ランキング

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社