スプリックス(7030)IPOのBB(ブックビルディング)が、翌週の6月12日から開始されます。スプリックスは、東証1部上場が濃厚な大型IPOなので、初値が跳ねる可能性は低そうです。

また、スプリックスはIPOラッシュ終盤での新規上場なので、買い疲れの影響も少し気になりますね。

スプリックス

スプリックス(東証1部IPO)のIPO基本情報

銘柄名スプリックス
コード7030
主幹事証券野村證券
幹事証券(委託含む)大和証券
SMBC日興証券
みずほ証券
極東証券
SBI証券
エース証券
岩井コスモ証券
上場日6月29日
仮条件決定日6月8日(2,180円~2,400円に決定)
ブックビルディング期間6月12日から6月18日まで
公開価格決定日6月19日(2,400円に決定)
申込期間6月21日から6月26日まで
公募412,500株
売出し5,119,700株
OA829,800株
吸収金額138.7億円
時価総額355.4億円
想定価格2,180円→公開価格:2,400円
初値価格初値決定後に追記

スプリックスIPOの事業内容

スプリックスは日本最大規模の個別指導事業をはじめ、教育IT事業教育コンテンツ事業生涯教育事業を展開している総合教育企業です。

個別指導事業では、業界トップクラスの成長率の個別指導塾「森塾」と、教育ITを利用した「自立学習RED」の運営及びフランチャイズ展開を行っています。

教育IT事業では、学習動画や学習マンガ等の教育アプリの企画・開発を含め、様々なネット上の学習コンテンツを提供しています。

教育コンテンツ事業では、ダントツのシェアを誇る学習塾運営ツール「フォレスタ」シリーズの開発・販売や、掲載塾数で日本最多の塾講師専門の求人サイト「塾講師JAPAN」の運営などを行っています。

生涯教育事業では、日本最大規模のクラス数を誇る社会人を対象としたダンススクール「東京ダンスヴィレッジ」の運営を行っています。

スプリックスIPOの業績

スプリックスの業績

(※画像クリックで拡大)

スプリックスIPOの売上は綺麗な右肩上がりで、利益も急激に伸びていて好調そうです。

スプリックスのIPO評価

スプリックスは東証1部濃厚ですが、それでも規模(吸収金額138.7億円)の大きさは懸念材料です。また、スプリックスは公募株の10倍以上という売出株の多さも警戒されそうです。

ただ、スプリックスが運営する「森塾」の知名度は高く、教育ITという国策とマッチしたテーマ性があり、業績も好調に推移している点で注目されそうです。

よって、スプリックスのIPO評価は、Cが妥当だと考えています。スプリックスIPOは、公開価格を若干上回ったところで初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

スプリックスIPOのその他情報はこちら

スプリックスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

スプリックスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ主幹事の野村證券と、抽選に外れてもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券だけ申込むつもりです。

スプリックスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村證券 (主幹事) BB参加
大和証券 BB不参加
SMBC日興証券 BB不参加
みずほ証券 BB不参加
極東証券 口座なし
SBI証券 BB参加
エース証券 口座なし
岩井コスモ証券 BB不参加

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ