SREホールディングス(2980)IPOのBB(ブックビルディング)が、来月の12月4日から始まります。

SREホールディングスは、旧社名がソニー不動産というところからも分かる通り、ソニーグループの下で不動産事業を展開している企業です。

また、SREホールディングスはヤフーと業務提携していることでも関心を集めそうです。

SREホールディングス

SREホールディングス(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名SREホールディングス
コード2980
主幹事証券SMBC日興証券
大和証券
幹事証券(委託含む)SBI証券
野村證券
マネックス証券
楽天証券
上場日12月19日
仮条件決定日12月3日(2,550円~2,650円に決定)
ブックビルディング期間12月4日から12月10日まで
公開価格決定日12月11日
申込期間12月12日から12月17日まで
公募1,400,000株
売出し3,084,600株
OA672,600株
吸収金額153.4億円
時価総額450.1億円
想定価格2,975円
(想定仮条件2,500円~3,450円の平均価格)
初値価格初値決定後に追記

SMBC日興証券 オンライントレード

SREホールディングスIPOの事業内容

SREホールディングスは、ソニーが有するAI/ITテクノロジーや、ヤフーの有する豊富なデータトラフィックを基盤として、「不動産事業」「ITプラットフォーム事業」「AIソリューション事業」を展開しています。

不動産事業では、エージェント制を特長とした不動産仲介サービス及びIoT/AI技術を駆使した高付加価値物件の販売を行っています。

ITプラットフォーム事業では、個人及び法人顧客向けに不動産売買プラットフォーム「おうちダイレクト」を提供しています。

SREホールディングスのおうちダイレクト

(※画像クリックで拡大)

AIソリューション事業では、AIを搭載した不動産価格推定エンジンを中心にパッケージ化した製品を提供するAIクラウドサービスと、AIによる将来予測ツールを用いたAIコンサルティングサービスを展開しています。

SREホールディングスIPOの業績

SREホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

SREホールディングスIPOの売上は順調に伸びており、利益も黒字転換してからさらに伸びているので、概ね好調そうですね。

SREホールディングスのIPO評価

SREホールディングスは、IPOラッシュ真っ只中での新規上場というだけでなく、ランディックスとの同時上場で規模(吸収金額153.4億円)も大きいため、需給面に不安があります。

また、SREホールディングスはソニーの子会社なので、親子上場になる点も少し気になります。

ただ、SREホールディングスは不動産テックAI(人工知能)というテーマ性があり、業績も好調なことから一定の評価を得られそうです。

よって、SREホールディングスのIPO評価は、Dが妥当だと考えています。SREホールディングスIPOは、今のところ公開価格を目途に初値形成すると予想しています。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

SREホールディングスIPOのその他情報はこちら

SREホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

SREホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ検討中です。

SREホールディングスIPOは、やはり規模の大きさが気になるので、他銘柄の動向や地合いを見極めながら、一部の証券会社だけ参加しようかと考えています。

また、SBI証券だけは落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるので必ず申し込むつもりです。

SREホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
SMBC日興証券 (主幹事) 検討中
大和証券 (主幹事) 検討中
SBI証券 BB参加
野村證券 検討中
マネックス証券 検討中
楽天証券 検討中

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株ランキング