シンクロ・フード(3963)IPOのBB(ブックビルディング)が、今週の9日(9月15日まで)から始まります。

9月の後半は、期待出来そうなIPO銘柄が多くて、かなり盛り上がりそうなので、シンクロ・フードIPOも良い流れに乗って欲しいですね。

シンクロフード

シンクロ・フード(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名シンクロ・フード
コード3963
主幹事証券野村証券
幹事証券SBI証券
大和証券
SMBC日興証券
丸三証券
上場日9月29日
仮条件決定日9月8日(1,960円~2,100円に決定)
ブックビルディング期間9月9日から9月15日まで
公開価格決定日9月16日(2,100円に決定)
申込期間9月20日から9月26日まで
公募400,000株
売出し300,000株
OA105,000株
吸収金額15.8億円
想定価格1,960円


↑シンクロ・フードIPOの幹事を務めるSBI証券↑

シンクロ・フードIPOの事業内容

シンクロ・フードは、飲食店の出店開業や運営支援、及び関連業者とのマッチング支援を行っている企業です。

シンクロ・フードは、主力サイト「飲食店.COM」を中心に、、飲食店の求人情報サイト「求人@飲食店.COM」、飲食店のオープン情報提供サイト「飲食店PR.COM」、店舗のデザイン会社を探せるマッチングサイト「店舗デザイン.COM」、インテリア業界の求人情報サイト「求人@インテリアデザイン」、居抜き店舗物件の買取査定サイト「居抜き情報.COM」を運営しながら、飲食業支援のトータルサービスを提供しています。

シンクロ・フードは、飲食店の運営に必要なサービスを全て網羅しているので、利便性が高そうですね。

シンクロ・フードIPOの業績

シンクロフードの業績

(※画像クリックで拡大)

シンクロ・フードIPOの業績は、理想的な右肩上がりで好調そうです。

シンクロ・フードのIPO評価

シンクロ・フードは、中規模(吸収金額15.8億円)のIPOですが、単独上場でVC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないので、需給面に問題は無さそうです。

また、シンクロ・フードは業績も良く、事業内容も評価されそうなので、それなりの人気を集めそうです。

よって、シンクロ・フードのIPO評価はBが妥当だと考えています。シンクロ・フードIPOは、初値高騰とまではいかないまでも、きっちりと公開価格を上回る初値が付くと思います。


にほんブログ村

シンクロ・フードIPOのその他情報はこちら

シンクロ・フードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

シンクロ・フードIPOのBB(ブックビルディング)は、今のところ全力で臨むつもりです。

主幹事の野村証券はもとより、平幹事で一番配分数の多そうなSBI証券と、毎年IPOに当選しているSMBC日興証券には期待しています。

シンクロ・フードIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
野村証券 (主幹事) BB参加
SBI証券 BB参加
大和証券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
丸三証券 BB参加


↑SMBC日興証券の公式サイト↑

IPO当選の秘訣は、出来るだけ多くの証券会社に申し込むことなので、新たな証券口座を開設しながら、年末のIPOラッシュに備えましょう。

IPOにオススメの証券会社


IPO・新規公開株 ブログランキングへ