SYSホールディングス(3988)IPOのBB(ブックビルディング)が、明後日(6月14日)から始まります。

SYSホールディングスは、ツナグ・ソリューションズGameWithとの3社同時上場ですが、どの銘柄もそれなりの人気を集めそうです。

今年、東海東京証券が主幹事を務めるのは、2月10日に新規上場した安江工務店(1439)に続いて二度目になります。東海東京証券が主幹事を務めるIPOは全般的に好印象で、個人的な相性も良いため、秘かに期待しています。

SYSホールディングス

SYSホールディングス(東証ジャスダックIPO)のIPO基本情報

銘柄名SYSホールディングス
コード3988
主幹事証券東海東京証券
幹事証券野村證券
SMBC日興証券
安藤証券
エース証券
SBI証券
上場日6月30日
仮条件決定日6月12日(2,360円~2,560円に決定)
ブックビルディング期間6月14日から6月20日まで
公開価格決定日6月21日(2,560円に決定)
申込期間6月22日から6月27日まで
公募200,000株
売出し100,000株
OA45,000株
吸収金額8.8億円
想定価格2,560円
初値価格5,530円

SYSホールディングスIPOの事業内容

SYSホールディングスは、ITシステムの開発(グローバル製造業、社会情報インフラ、モバイル)や、ITソリューション・サービスの提供を中核とする総合情報サービス事業を展開しています。

グローバル製造業ソリューションでは、、海外市場を販路として成長を遂げている製造業企業をターゲットとしており、自動車、重工業、工作機械、鉄鋼、輸送等の関連企業を主要顧客として総合情報サービスを提供しています。

社会情報インフラ・ソリューションでは、電力・ガス等のエネルギー、生命保険・クレジットカード、リース・証券等の金融、印刷帳票、鉄道、不動産関連など、社会インフラ及び情報インフラに関連するサービスを提供する企業・官公庁を対象に総合情報サービスを提供しています。

モバイル・ソリューションでは、スマートフォンやタブレット等のモバイル端末を中心とした総合情報サービスを提供しております。

また、連結子会社の(株)エス・ケイでは、カスタマイズ対応クラウド型業務報告システム「Field Plus」や、携帯電話からPCまで緊急メール・SMSを一斉配信出来る災害リスク管理「Quick Safety」等を販売しています。

SYSホールディングスIPOの業績

SYSホールディングスの業績

(※画像クリックで拡大)

SYSホールディングスIPOの業績は、グループ化してからの4期分しかありませんが、大きな問題は無さそうです。また、2017年7月期の業績も増収増益の見通しになっています。

SYSホールディングスのIPO評価

SYSホールディングスは、ジャスダック市場への新規上場ですが、同時上場する3社の中で一番規模(吸収金額8.8億円)が小さく、VC(ベンチャーキャピタル)の保有株も見当たらないため、需給面は良好だと思います。

また、SYSホールディングスはインフラという社会性や、ビッグデータというテーマ性でも注目されそうです。

よって、SYSホールディングスのIPO評価は、Aが妥当だと考えています。SYSホールディングスは、3社同時上場という点が懸念材料ですが、それでも公開価格の2倍程度は狙えると予想しています。


にほんブログ村

SYSホールディングスIPOのその他情報はこちら

SYSホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス

SYSホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)は、当然ながら全力で臨むつもりです。主幹事の東海東京証券を中心に、SMBC日興証券SBI証券など、ネットから申し込める証券会社全てに申込んで、当選を目指したいと思います。

SYSホールディングスIPOのBB(ブックビルディング)スタンス
東海東京証券 (主幹事) BB参加
野村證券 BB参加
SMBC日興証券 BB参加
安藤証券 BB参加
エース証券 口座なし
SBI証券 BB参加


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

管理人が利用しているIPOにオススメの証券会社