システムサポート(4396)IPOの新規上場が承認されました。システムサポートIPOは、8月2日に東証マザーズ市場へ新規上場する予定です。

ちなみに、システムサポートIPOの幹事は大和証券が務めることになっています。また、システムサポートIPOは昨日新規承認されたイボキンIPOとの同時上場になります。

8月は、例年通りならそれほどIPOは多くないはずなので、少しでも日程をずらしてほしいところですが仕方ないですね。

システムサポート

システムサポート(東証マザーズIPO)のIPO基本情報

銘柄名システムサポート
コード4396
主幹事証券大和証券
幹事証券(委託含む)野村證券
今村証券
SBI証券
上場日8月2日
仮条件決定日7月13日(1,650円~1,750円に決定)
ブックビルディング期間7月18日から7月24日まで
公開価格決定日7月25日(1,750円に決定)
申込期間7月26日から7月31日まで
公募540,000株
売出し110,000株
OA97,500株
吸収金額12.3億円
時価総額39.9億円
想定価格1,650円→公開価格:1,750円
初値価格4,000円


システムサポートIPO幹事のSBI証券

システムサポートIPOの概要

システムサポートIPOは、ICT(情報通信技術)を活用したシステムのコンサルティングから、企画・開発・構築や、運用・保守及びシステムライフサイクルを支援する専門サービスを総合的に提供している企業です。

システムサポートのサービスは、システム開発、データベース(Oracle)やクラウド(AWS/Azure)の移行及び基盤構築、ERP(SAP)の導入及び運用保守、データセンターの運営、自社パッケージソフトの開発及び販売など、多岐にわたっています。

システムサポートIPOは、さほど規模(吸収金額12.3億円)が大きくなく、ICTクラウドというテーマ性もあるため、それなりに人気を集めそうです。

にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

システムサポートIPOのその他情報はこちら

システムサポートIPOでオススメの幹事証券

主幹事の大和証券は当然ながら、落選してもIPOチャレンジポイントが貰えるSBI証券も申込み必須です。


SBI証券のIPOルール

システムサポートIPOの初値予想

システムサポートIPOの初値予想は、仮条件決定後(7月13日以降)に追記させていただきます。

3,500円 (想定価格比:+1,850円)

(※大手予想会社の初値予想:3,500円~4,000円)


IPO・新規公開株 ブログランキングへ

初心者の方にオススメのIPO証券会社ランキング